ここから本文です

⚾素朴な疑問⚾ 打席途中カウントあり ランナー牽制死・盗塁死の場合 次イニング...

exa********さん

2015/5/1610:00:46

⚾素朴な疑問⚾
打席途中カウントあり
ランナー牽制死・盗塁死の場合
次イニングの打席
カウント途中から再開
されないのは何故?
※イニングが終了・完了
しているから?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
304
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2015/5/1819:01:12

いや、解ってるじゃないですか?
「イニングが完了したから」で良いんですよ。
逆に「三振や凡打でアウト」の時、次の回にランナーを引き継がないですよね?
ランナーがアウトでカウントが引き継がれるなら、バッターがアウトでもランナーを引き継がないと駄目じゃないですか?
「引き継がない」と言うことはそこで「完了」則ち「リセット」という事です。
別の例として中断や選手交替はイニングが完了してないのでカウントを引き継ぎますよね。

質問した人からのコメント

2015/5/22 20:39:16

皆さん回答ありがとうございます!

「盗塁 カウントされない」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

don********さん

リクエストマッチ

編集あり2015/5/1611:34:05

アメリカ人が作ったルールなので単純にそう認識してしまってもいいと思うのですが、実はそのようなケースでボールカウントを引き継ぐルールだと投手が実害を被る事があります。

野球の記録に関するルールでは、不利なボールカウントを引き継いだ救援投手が四球を与えると、その四球の記録と出塁を許した責任は前任投手に課せられる事になっています。
なので、打撃を完了しないまま走者が盗塁刺や走塁死で第3アウトになって攻撃終了となったときにその時点のボールカウントを次のイニングに引き継ぐルールだと

前のイニングで3つのアウトの機会を得て投球上の責任を完遂した上で試合から退いたにもかかわらず、不利なカウントで終わったばっかりに「次のイニングで救援投手が四球を与えその後その走者を得点させてしまった場合」に、失点および自責点ばかりか、その失点が決勝点であった場合には敗戦投手の記録まで与えられてしまう

という現象が起こる事があります。これでは前任投手があまりにも気の毒です。

そこまで考えたのかどうかはルールを作ったアメリカの野球規則委員会の人に聞くしかないのでしょうが、攻守交代すれば残塁した走者はすべてクリアされるのですから、ボールカウントもクリアした方がシンプルでスッキリとするでしょう。
私は妥当なルールだと思ってます。

w15********さん

2015/5/1611:10:55

イニングをまたぐと、投手も変わるかもしれないし、
投手が変わったら、前の投手のカウントを引き継ぐのも可哀そう(?)だし。


「規則で決められているから」といえばそれまでですが、
そういう趣旨ではないでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる