ここから本文です

【お礼100枚】 地方国立大学大学1年生です。

sun********さん

2015/5/1717:26:37

【お礼100枚】

地方国立大学大学1年生です。

私は、大学を卒業したら、旧帝大(東京・京都・東北・名古屋・大阪・北海道・九州)、東京工業・筑波、横浜国立・千葉・東京農工・電気通信あたりの大学院にロンダリングしようと思い色々調べたのですが、どこも2倍以下で倍率が高くありません。
何故でしょうか。
大学が、旧帝大(東京・京都・東北・名古屋・大阪・北海道・九州)、東京工業・筑波、横浜国立・千葉・東京農工・電気通信でしたら学士卒業でも一流企業に就職できると思うのですが、それ以外の大学生にとっては、合格すれば高学歴卒業になるので、難関大学の院は倍率がたかくなりそうですが、逆に低いです。

これは、ロンダリングをするよりも、大学からそのまま同じ院に行った方が、研究と言う面で良いからでしょうか。
それとも、受験しても合格できないからでしょうか。

上記以外でロンダリングのデメリットを教えてください。
就活に関してもロンダリングしても変わらないのでしょうか。

閲覧数:
588
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tnr********さん

2015/5/1718:32:07

大学院にはレベルという概念が明確に存在しません.
「学部の偏差値が高いからレベルが高いんじゃない?」程度の認識です.
東大ですら「あーなんか他より難しいって噂だよね」程度です.
最低基準さえ満たしていればある程度定員を超えて受け入れます(東大は志望人数があまりにも多いせいで2,3倍になっていますが)
企業もそのことはわかっています.


それを踏まえて,
1.倍率が低い理由
2.ロンダについて
をお話します.


1.倍率が低い理由
「倍率について」と「他大に進まない理由」に分けてお答えします.

まず倍率についてです.
結論から言うと「倍率が低い」は間違いです.
内部生,外部生で事情が異なります.

内部生ですが,この人達は余程のことがない限り落ちません(院試が悪くてもある程度ならコネでどうにかなります.もちろん普段から振るわないならコネを使っても落ちますが).
大学にもよりますが,落ちて専攻あたり数人でしょうね.
元から確実に落ちるだろう方々(落ちこぼれ)は就職します.

次に外部生です.
「収容人数(not定員)-α-内部生」が外部生の枠の「限界」です.
いわゆる余り枠です.
この方々は基準を満たしてなかったら容赦なく落とされます.
外部生だけで見ると3倍はゆうに超えているかと思われます.

他大に進まない理由ですが,単にそこまで魅力がないからでしょう.
皆さんあなたほど学歴コンプレックスを持っていませんし,就職命なわけでもなく,大学を変えると学部から院に上がるときにスムーズにいかないので面倒ですしね.
学部の教授も院でおさらばなので一貫した指導ができませんし.
もちろん同じ分野で非常に優れた教授が外部にいるからという清い理由で目指す人はいますけどね.
合格できないからという理由はあまり高くありません.
普通に勉強すれば受かりますし.

2. ロンダについて
就職で意味があるかどうかは企業によります.
最終学歴だけ見る企業もありますし,ロンダ生は学部で判断する企業もあります.
一概には言えません.
まあ真面目にしていればしていれば学校推薦が取れるかもしれないので楽にはなります.

大きなデメリットは特にないですね.
・学部と院で研究が一貫しなくなる可能性あり.
・あなたの実力によっては内部生から内心馬鹿にされる可能性あり(就職のために来た人は基本的に内部生に劣る傾向があるので馬鹿にされ易いです).
・友達0スタート.研究室以外での友達はまず出来ない.
ぐらいです.


ちなみに,上位大学士は一流大に就職できるは間違いですよ.
出来ない人のほうが圧倒的に多いですし,そもそもこの辺の大学は1~2割しか就職しません.
一流企業に就職できる実力がある人orやむを得ない事情がある人(経済面等)or落ちこぼれが就職するだけです.
あと,学士は一流企業でも技術職にはほぼなれません.
おそらく文系寄りの職です.

質問した人からのコメント

2015/5/23 13:04:52

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuk********さん

2015/5/1818:52:11

QS世界大学ランキング(平成25年)

世界順位(位)

東大 32
京大 35
阪大 55
東工 66
東北 75
名大 99
九大 133
北大 144
慶大 193
筑大 210
早大 220
神大 304

http://mwkp.fresheye.com/mb/m.php/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E5%AD...

http://p116.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/06049nWxuDyUdDbX/0?_ji...

juken coachさん

2015/5/1718:51:16

>合格すれば高学歴卒業になるので、難関大学の院は倍率がたかくなりそうですが、逆に低いです。

理由の一つとして言えることは
大学院入試は学力テストだけでの判定ではないということです。
特に理系について言えることですが
希望研究に対してのこれまで(学部での研究室で)のアプローチ内容や、希望研究そのものの志望理由、大学院でやりたい研究内容(詳細の計画まで)などが加味されて合否が決まります。
上位大学院の研究室ともなると、その専攻研究に関して全くの素人学生の受け入れを受け付けないところもあります。
つまり、志望研究の研究室から×となって、他の(自分の志望に近い研究の研究室で)どこも受け入れてくれる研究室がなければ、いくら学力があっても不合格となります。
ですから、学部時代の自分の研究レベルや学力レベルから受験前に諦める人も多いということです。
このとき、研究レベルでいうと、高度(高額)研究設備があって研究者陣のレベルが高い大学学部の研究室出身者が有利なのは(経験してきた研究内容レベルが高いので)否めません。

>上記以外でロンダリングのデメリットを教えてください。

まず「就活」と「受験勉強」の両立は難しいということ。
大学院受験で失敗してからの就活では遅すぎるということです。
だから、大学院受験するのであれば就活はできないと思ったほうがいいです。
それに、既存大学の院への進むのに、学部内成績上位者は「推薦」や「院試免除」などの特典がありますが、他大の院を受験するためには、それを蹴らなければなりません。
つまり、滑り止めとして(?)自分の大学の院も受けるのであれば一般と同じく受験しなければなりません。さらに、自大学の院へ合格したところで、自分のいた研究室に再度入れるという確証もありません(入試成績次第なので)。
ですから、その不安もあるので、成績上位者は自大学の院へ進学を決めるということもあります(成績上位者であれば希望研究室へ配属の可能性が高い)し、上位でない人は自分の大学院試験範囲が自分のやってきた授業とかぶっているわけですから、有利なので、自大学を受験先としてまず選びやすいです。
逆に言うと、他大学院への受験ではその受験科目対策も必要です。※高校と違って文科省での科目の履修範囲の指定は細かくありませんから、大学では同じ科目名であっても自大学と受験大学とで内容と深さに多少の違いが生じることはあります。
ですから、もし志望の他大学院も不合格で、自分の大学の院も不合格or合格でも自分の元の研究室に戻れないのなら・・・という不安は覚悟しなければならないでしょう。
細かなことは各大学によって違いますが。。。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる