ここから本文です

赤ちゃんってお尻が少し青いですよね。(緑?)

htm********さん

2008/2/312:40:21

赤ちゃんってお尻が少し青いですよね。(緑?)

大人になってくると共に、だんだん青が無くなって来ると思うんですが、何歳ぐらいには完全に無くなるのでしょうか?


私は、中1(今年中2)で身長が163cmあるのに、まだ消えてません。

いったいいつになったら消えるのでしょうか。

閲覧数:
1,050
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gif********さん

2008/2/312:41:44

色素はだんだん沈着していくので人によっては時間がかかりますがあせらなくても大丈夫でしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oss********さん

2008/2/312:59:10

これは蒙古斑と言って、モンゴル系の人種に現れるもので、モンゴル人の幼児では90%以上、東洋人では
80%程度の幼児期にお尻の少し上、広いものだと背中のほうに現れるものを言います。(調べました^^;)

わが家の息子2人は、小学校に入って日焼けするようになってから目立たなくなりました。おそらく地黒なこと
もあって、青さが分からなくなったのかなぁとも思います。(上は高2、下は中1・・・あなたと一緒^^)

一般的には10歳くらいで消えるようですが、3%くらいの人は成人してもは残るようです。何となく、色白の
方が、その部分の青さが目立つので残っていると感じるのではないでしょうか?(個人的意見です)

色白の人は、頬もリンゴのように赤かったり(まるで頬紅つけているように)寒くて鼻が赤くなったり、このこととは
チョット違うけど、結局目立つからだと思います。

tut********さん

編集あり2008/2/312:48:52

蒙古斑と呼ばれる”アジア人種”に多い遺伝表出の一つです。
通常、生後2歳頃までは青みがかってきますが、その後は徐々に薄くなり、10歳頃までには消えるものです。
ただ、3~4%は成人になっても残ることがあり、持続性蒙古斑と言われています。

蒙古斑は、病気ではありませんよ。安心してください。

濃色型も10歳頃までにはほぼ消えていくことが多いですが、濃色のため残る確率も高いので個人差もあると思われます。
異所性蒙古斑(背中・お腹等)は、成人になっても残ることがあります(まま、高率)。

men********さん

2008/2/312:42:50

蒙古斑の事でしょうか。
就学くらいまでには消えると聞きますが、
消えないまま大人になる人もいるようですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる