ここから本文です

辻政信の逸話を聞くたびにいつも疑問なのですが、どうして日本軍の参謀って佐官風...

typ********さん

2015/6/223:04:06

辻政信の逸話を聞くたびにいつも疑問なのですが、どうして日本軍の参謀って佐官風情なのに下手な将官よりもはるかに強大な権力を振るうことができたのでしょうか?

本当に悪いのは参謀よりもそれを抑えることができない無能な上官や彼らの立案した作戦に許認可を与えた人たちじゃないでしょうか?
正直、辻にしろ服部卓四郎にしろスケープゴートにされている感すらあるのですが。

閲覧数:
8,727
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mic********さん

2015/6/408:50:34

そもそも日本陸軍には参謀が暴走できる制度上の欠陥がありました。
山県有朋が参謀本部を組織した際に、『参謀総長が全陸軍の参謀を統括する」「参謀本部が現場の参謀を直接統制、指揮できる」「参謀本部は天皇に直接つながる機関である」という参謀本部条例ができています。
これがあるから参謀本部から現場に派遣された佐官クラスの参謀でも、「これは参謀本部からの命令だ」「参謀本部は直接天皇につながる機関であり、ここからの命令は天皇の命令に等しい」『参謀本部からの命令に背くのは統帥権違反だ」という論法が成り立ちます。
よって参謀本部から現場に派遣された参謀が、「これは天皇の考えだ」と言って考えを押しつけてくれば、司令官は従うしかありません。こうして天皇ー参謀本部ー参謀というラインを後ろ盾に、参謀が権力をふるう「幕僚統帥」がおかなわれることになりました。
もちろん良識ある多くの参謀は、作戦の指導や参謀本部と現場の連絡、調整といった参謀本来の任務を大きく離れることはありませんが、満洲事変の石原、ノモンハンの服部、辻などは暴走しました。但し制度上それを許しているので、「無能な上官や彼らの立案した作戦に許認可を与えた人たち」の責任を問うのは間違いです。
ちなみに参謀はいくら暴走しても、「本来の任務は司令官の輔弼であり決定権はない。決定するのは司令官である」という論理のもと、失敗しても責任を問われることはありませんでした。
暴走を許しかつ責任はとらなくてもいいような参謀本部制度をつくってしまったことが一番の問題です。

  • 質問者

    typ********さん

    2015/6/615:51:29

    「よって参謀本部から現場に派遣された参謀が、「これは天皇の考えだ」と言って考えを押しつけてくれば、司令官は従うしかありません。」
    直接、参謀総長なり次長なりに「彼はこんなことを言っているが、これは統帥部の一致した見解なのか」と問い合せして言質を取るわけにはいかないのでしょうか?
    現地軍司令官にしたって師団長以上であれば陸大を出ているわけでそれなりのコネがあると思うのですが。


    「満洲事変の石原、ノモンハンの服部、辻などは暴走しました。」
    満州事変の時の石原は関東軍作戦主任参謀、ノモンハンの服部も関東軍作戦主任参謀、辻も関東軍の参謀で当時の彼らは中央から派遣されたわけじゃないですよね。ノモンハンの時の関東軍司令官は陸軍大将で軍事参議官も務めた植田謙吉で植田が本気になれば辻ごときを抑えられないはずがない、と思うのですが。
    ガダルカナルの時はあなたのおっしゃる通りだと思いますが。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/6/9 20:26:28

ご回答ありがとうございました。
結果を知っている後世の人間からすると現場指揮官や直属の上官にもっと頑張ってほしいところですが、なかなか難しそうですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hig********さん

2015/6/407:42:50

支店長が、本社から派遣されたエリート社員に対して「お前はオレより位が下だから黙れ」とは言えないと思います。ましてや社長のお気に入りで、今後どこまで偉くなるかわからないとなればなおさらでしょう。
組織として問題がないとは思いませんが、まあありうる話かと。
さらに当時の陸軍はたとえ無謀であっても積極果敢な者が評価され、それに反対することは戦意に乏しい、卑怯未練な態度だなどと悪者扱いされる危険性がありました。そして辻のような輩は勇ましいことを言うだけ言って、責任だけは現場の指揮官がとる羽目になりました。
辻みたいな者をのさばらせたのは確かに上官の責任ですが、誰も責任をとることはなかったでしょう。アメリカは回避しましたが、最終的な責任は全部天皇にいくというある意味ひどいシステムですから。

bot********さん

2015/6/300:31:54

現在でも30、40代の中堅官僚が業界に多いな影響力を与える事はしばしばあります
官僚たちの夏のモデルになった佐橋なんて40代頭で、実質大臣になっていたりします

それはさておき
教育とコネクションの差です
例えばガ島
ツージンは中佐、指揮官は川口少将
ツージンはある意味中央からの連絡監視役もやっているわけです
だから「本土の東條閣下はこう考えている」「私の意見は東條閣下のお考えでもある」なんて階級が上の人間に圧力をかける事だってできます
さらに言えば「私の報告で大本営も貴方の処遇を考えるでしょう」とか
特にツージンは中央の偉い人たちとコネクションがあるわけですから
ツージンの場合は、その部分をでっち上げたところが評価を下げています

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる