ここから本文です

災と禍の違いは何ですか?

tx_********さん

2008/2/619:24:01

災と禍の違いは何ですか?

閲覧数:
9,413
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2008/2/619:45:13

【災】わざわい。(ア)火事。大きな火事。(イ)災難。自然に起こるわざわい。洪水・地震など。
【禍】①わざわい。神のとがめ。思いがけず受ける不幸。災難。(『漢語林』大修館書店)

思いがけず遭遇した災難(天災にせよ人災にせよ)という点で、同じ意を表す漢字のようです。
それに「神」の意志がからんでくると(そう思うか否かは個人で違いますが。)「禍」の方の文字
になるのでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

緋色悠依さん

編集あり2008/2/718:39:14


災の上の部分は川の異字体でもあり。川の流れをせき止める堤防から変化したのが原型で、それに火が付いたものです。
川に”しんにゅう”を付け加えて回る様子を表したのが”巡”になります。

同じように”裁””栽”の衣(衣へん)・木(きへん)を取った上の部分も”断ち切る”意味を持ち、ト辞において「亡災」「亡裁」「亡禍」”わざわいなき”と占いを立てていたようです。

災・(火+戈)裁の衣へんの替わりに火が入った異字体”さい”
当初はこの二つの文字を使って、落雷などによる山火事についての火災の難を指し示していたようです。



”咼”が骨の大腿骨と骨盤のはまりこむ姿、関節の様子から派生した字です。

”示”が加わったのが”禍”ですが。
元の意味の”はまる”……落とし穴には落ちるような禍を現しています。

”しんにょう”が加わり”過”になり、もともとはゆとりのあるさまを表したようですが、後々”いきすぎる”事に派生した意味に移っていったようです。
”さんずい”が加わると”渦”になりますが、水に出来た穴凹という意味で元の意味をよく表しています。

陥穽に落ちる。過ちなどの禍の意味が元の意味に近いでしょうか、どちらも古典には天の神が示した禍として天意としても使われていますから、どちらを使っても天災の意味では間違いではないと思います。

漢字語源辞典:学燈社。をもとに紐解いてみましたが、災いは”断ち切る”、禍は”はまる”という広義の意味を含んでおりますので、使用するときは、この差を元に考えられたら宜しいのではないでしょうか。

ではでは(*´ω`)ノ

hat********さん

編集あり2008/2/619:53:56

災・・・・・・・・・・天災的な災い。防ぎようのない災い。地震・台風・火山の爆発など。

禍・・・・・・・・・・人為的な災難。工夫したり、予防していれば防げるもの。火事・なだれ・洪水・など。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる