ここから本文です

評論文、批評文、書評の書き方。 対象の事物の是非を述べるのですが、 個人...

アバター

ID非公開さん

2015/6/1520:55:47

評論文、批評文、書評の書き方。

対象の事物の是非を述べるのですが、

個人の主観、価値判断の意見として本音をさらけ出して
批判や否定的な評価を下してもいいのですか?

もしくは、良評価と否定的な評価どちらもあげて
もいいのか。どちらかをあげるのですか?

評論文、批評文を書く際は決まりはありますか?

閲覧数:
2,194
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jij********さん

2015/6/1610:52:12

どちらでも構いませんが、どちらにしても読者が納得できる筋道が立った理由が述べられていることが必須です。例えば、「実にくだららない」としたならば、なぜくだらないと考えるのか、言えるのかの論理的な理由が述べられていないといけません。評論文、批評文、書評とうは、個人としての意見を述べる場ではありますが、述べたことに対する裏付けの部分は、読者に客観的であると受けとられる記述になっていることが必要です。これが書く際の決まりでしょう。

「評論文 書き方」の検索結果

検索結果をもっと見る

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる