ここから本文です

電車のホームのとこの線路が所々付近の石こと焼けたような焦げ後があるのてすがあ...

shi********さん

2015/6/2406:47:50

電車のホームのとこの線路が所々付近の石こと焼けたような焦げ後があるのてすがあれはなんのあとですか?工事ですか?

閲覧数:
146
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mpg********さん

2015/6/2416:48:33

焼け焦げではなく「エアコンプレッサのドレイン」が降りかかった跡ですね。

エアコンプレッサで作られた圧縮空気は、除湿装置とアフタクーラーを通して「元空気溜タンク」に蓄えられます。
除湿装置に溜まったドレインをエアコンプレッサの停止と同時に、残留空気を使って排出します。
このドレインが油分をふくんでいて線路に向かって勢いよく吐き出されるので、このような跡がつくのです。(「バシューン」と破裂する音がそれ。)

「電車のホーム」とありますので、「減速、停車」「ドアの開閉」で圧縮空気が使用されます。
その都度「元空気溜タンク」の空気圧が低くなっていくので駅停車中でのエアコンプレッサの稼働する確率が高くなります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる