ここから本文です

臨死体験について死後の世界教えてください

jor********さん

2015/6/2523:13:02

臨死体験について死後の世界教えてください

閲覧数:
301
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yaa********さん

2015/6/2613:49:22

人は死んで無くならないのです。
魂として存在しています。

死んでもそのまま魂として生きています。
死ぬ5分前と5分後では何も変わらないと言います。

死の直後から(幽界)から
霊界に移るまでの話は省きますが

魂(霊的存在)の状態になってから
再生するまでの時間的な差は
人によって大きく違うそうです。

これは、個人的にはどのように過しても
全くの自由で、なに不自由なく過せる状態(天国)から
変化(再生)を求める事も無いと思えばそのままです。

しかし、やがてやがて霊的覚醒が起こり
そこで学ぶにつれ、知るにつれ
自分がもっと高級霊を目指す必要がある事が解ってきます。

それは天国で自分の暮らしている所より
もっと優れた世界が在る事を知り
自分は、その優れた世界へ入る事が出来ず
どうして今の世界に留まっているのかは、
自分が物質世界で生きていた時に
それ相応の事しかしていなかった事が原因で
それを解消するためには
再生して浄化する必要がある事が
解ってくると言う事です。

そんな事も無視して、
そのままの状態で存在しているのも自由ですが
地球の将来のことも気になり始めます。
そして、どうしてもたまらず再生を求めます。
低級霊は自分の成長の為に(ほとんどの人はこちらです。)
高級霊は世の為人の為にです。(まれにこのような人が再生します。)

それから指導霊と相談しながら
転生の目的をはっきりさせて
前世で自分が出来ていなかった事を反省して
その部分を補強する目的で
自分に圧力がかかるように
縁の深い人でこの人なら
自分を上手く育ててくれるであろうと思われる
人(両親)を選びます。

色んなパターンが無限にあります。
母を助けるために転生する魂もあるようです。
いずれの場合も指導霊の許可の下で行われます。

このようにして再生への道が出来ますが
この転生は常に順番待ちの状態らしいです。
堕胎(中絶)される事を解っていても
そこに再生したい魂もあるそうです。
わずかな時間、人と空気の感触をみるだけで
魂の世界に戻るそうです。

長くなるのでこの辺で終わります。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jip********さん

2015/6/2716:26:13

死後の世界はこの世と良く似た世界です。ただ、空を飛んだり瞬間移動出来るのが霊の能力です。好きな世界で暮らせます。天界以外は。

chl********さん

編集あり2015/7/107:07:54

「私は結果」原因の世界への旅、森田健、講談社+アルファ文庫、スピリットランド、地上と霊界の純愛物語、A.ファーニス(著)、岩大路邦夫(訳)、コスモトゥーワン、誰も書けなかった死後世界地図、A.ファーニス(著)、岩大路邦夫(訳)、コスモトゥーワン、などの書籍を参考にして情報をうのみにしないようにしましょう。

ana********さん

2015/6/2607:03:10

N.D.E.(臨死体験)の研究は比較的盛んに行われていますが、トゥルー・ビリーバーの研究者もいたりするので、ニュートラルな研究者を探す必要があります。

文献としては、今のところ立花隆「臨死体験」が日本語で読める資料としてはよくまとめてあるので、こちらをお勧めします。

zit********さん

2015/6/2606:33:33

臨死体験について死後の世界などのインチキ本が売り出されててるけど、全てレベルの低いガセだね。

spz********さん

2015/6/2523:26:31

臨死体験などは、人は死んだら、戻って来れないから出来無いでしょう。しかし人が亡くなって三年が経過しますと神社神道の神様の神通力が戴けますと私が居ましたら会話が出来ますから魂の存在の確認が出来ますよ、又日本の神社神道の神様の神通力及び神様の存在の確認が出来ますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる