ここから本文です

父が、1500万前後新車納車後1カ月で死亡しました。相続税の車の評価はどのよ...

yuk********さん

2015/7/423:30:50

父が、1500万前後新車納車後1カ月で死亡しました。相続税の車の評価はどのようにしたら良いのでょうか?

個人事業主で青色申告をしていたので、調べたら父の場合は減価償却残となっているようですが、あまり高すぎるので相続したくないので売却を考え、買い取り業者に確認したところ市場ですぐ売れる車ではなく、登録も終了しているので1000万以下でなかれば買取ができないと言われています。こう言う場合でも簿価で評価しないとダメなものですか。

閲覧数:
438
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2015/7/507:39:10

青色申告の帳簿価額で評価すれば税務署は文句は言いません。

また、税務署を納得させるだけの資料と証拠を揃えれば『時価』で評価しても構いません。

  • 質問者

    yuk********さん

    2015/7/508:10:01

    ありがとう御座います。
    新しい型の車で、中古車も出てなく、購入した販売店の買取査定しかなく、税務署を納得させる資料が無く困ってます。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

all********さん

2015/7/507:30:15

一般動産の価額は、原則として、売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して評価する
ただし、売買実例価額、精通者意見価格等が明らかでない動産については、その動産と同種及び同規格の新品の課税時期における小売価額から、その動産の製造の時から課税時期までの期間(その期間に1年未満の端数があるときは、その端数は1年とする。)の償却費の額の合計額又は減価の額を控除した金額によって評価する
(昭41直資3-19・平20課評2-5外改正)
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/sisan...

自動車は、相続開始時点の時価で評価します
■実際の売却価格
■中古車買い取り業者の査定価格
■売り出し中の中古車価格(評価対象車の車種、走行距離などから勘案)
■相続開始時の新品の価格から減価償却相当額を控除した価格

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる