ここから本文です

葛飾北斎の作品は、すでに著作権(没後50年間・・・著作権法第51条)は無く自由に...

inb********さん

2008/2/1117:49:39

葛飾北斎の作品は、すでに著作権(没後50年間・・・著作権法第51条)は無く自由に使用出来ると思うのですが、北斎の作品を色を付けずに輪郭だけでデジタル処理した画像を、「大人の塗り絵」として出品した場合違法?

閲覧数:
2,879
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

編集あり2008/2/1410:05:25

はじめは、著作者人格権のことを言いましたが、確かに、下の人の言うとおり、著作権が制定される前のことですから、問題ないですね。

関連してちょっと調べてみましたが、著作物の保護に関するベルヌ条約によれば、条約締結前の著作物にも保護を与えるべし、という遡及効を加盟国に課しています。

しかし、これは条約の話ですから、国をまたぐ場合に考慮されるべき事項です。国内の原作者の権利を国内の人が使う場合にはベルヌ条約上の遡及効について考慮することは無いと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hon********さん

2008/2/1400:50:46

結論から言って、違法ではありません。
著作権の概念すら存在しない時代の、
しかも死後100年以上もたっている作者の作品を改変することが、常識で考えて違法とすべきでしょうか。
いかに法律であっても、常識離れしたものはやがて死文化してしまいます。
元ネタとされて有名なものに、「ロミオとジュリエット」を始めとする一連のシェークスピア作品、
わが国では「源氏物語」があります。
これらは翻案、改変、パロディー、オマージュ、ありとあらゆる手段で後世の表現物の元ネタとされていますが、
一連の作品の著作権云々と言う話は聞いたことがありません。

また、存命中の画家による作品を元ネタにしたものでも、
「パロディー」「二次創作品」として「独自の創作性・表現的価値」が認められれば、
元作品の著作権侵害の対象にはなりません(現実にはなかなか難しい問題がある)。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる