ここから本文です

上杉家は越後で守護代だったそうですが守護職の家はどうなったのですか。何かあっ...

aki********さん

2015/7/1015:39:45

上杉家は越後で守護代だったそうですが守護職の家はどうなったのですか。何かあって消滅したのですか?

閲覧数:
974
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mil********さん

2015/7/1400:57:47

天文十九年(1550年)に越後守護である上杉定実が病死し、その時点で後継者がいなかったために、定実の血統としての上杉家は消滅しました。
定実には実子がいなかったため、血縁関係があったらしい伊達家から養子を迎えようとしていましたが、伊達家内部での争い(伊達天文の乱)に発展してしまい、養子縁組を断念せざるをえませんでした。

この当時、越後守護代であったのが長尾家、そして当主の長尾景虎が後の上杉謙信です。上杉定実が逝去すると、足利義輝は白傘袋、毛氈鞍覆の使用を許可しています。これは守護でなければ許されない特権であったため、長尾景虎は足利幕府から実質的な越後守護となったことを認められたといって良いでしょう。

天文二十一年(1552年)、関東管領である上杉憲政が越後に亡命してきました。関東管領上杉家と越後守護上杉家は同族であり、関東管領である上杉顕定が、謙信の父に殺された弟、越後守護でもあった上杉房能の仇討のために越後に侵略しています。
上杉憲政は長尾景虎を養子とし、上杉家の家督を譲ろうとしました。長尾景虎がこれを承諾したのは、これで名実ともに越後守護職となり、越後国内の反対勢力を抑えることが出来ると考えたからです。

長尾景虎から上杉政虎へ、そして謙信へと改名し、越後守護職、そして関東管領の威光確立と領土保全のために戦い続けた謙信ですが、天正六年(1578年)に急死してしまいます。そして御館の乱により、謙信が後継者と考えていた嫡孫の道満丸と上杉憲政が上杉景勝に殺され、謙信の養子で道満丸の実父・上杉景虎が自害したことにより、越後守護・山内上杉家は完全に消滅しました。

謙信の甥であり、戦国時代を生き抜いた上杉景勝ですが、血統的にも上杉家とは関係がありません。さらに仮に謙信の養子であったとするならば、養祖父である上杉憲政を殺害したことで尊属殺人を犯したことになり、家督継承権は剥奪されているので、景勝には山内上杉家を名乗る資格がありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

har********さん

2015/7/1100:09:10

ちょっと回答が錯綜しているので整理。

まず質問者さんの言っておられる上杉家は、謙信→景勝と続く戦国大名家のことを言っておられるのだと思いますが、他の回答にもある通り、元々は越後守護代、長尾氏です。上杉謙信の元々の名前は長尾景虎と言います。
越後守護職は上杉家。しかし関東管領の上杉氏と同族ではありますが別系統です。
二つの上杉氏(本当はもっとありますが、ここで登場するのはこのニ家)があることをまず押さえておいてください。

ただ、謙信(景虎)の父、為景のときの越後守護は関東管領の実弟が越後上杉氏に養子に入っていました。為景はこの守護を攻め殺してしまったので、関東管領と敵対関係になってしまいます。紆余曲折があって為景は管領家ではない上杉一族を名目上の守護として立てます。この越後上杉氏は謙信死後も実権はありませんが守護として健在です。
謙信の養子、景勝と景虎(北条氏政の弟)が争った「御館の乱」の御館とはこの守護上杉家の居館のことです。

長尾景虎が上杉姓になったのは、関東管領の上杉憲政が、北条氏に追われ、越後に亡命したことに端を発します。景虎はこの憲政の養子になり、管領家上杉氏の名跡と関東管領職を譲り受けます。
つまり、越後に守護上杉氏と関東管領上杉氏が両立していた、ということです。

shi********さん

2015/7/1023:52:17

長尾氏です。上杉は関東管領。

全然違います。守護没落で自立しました。下克上ですよ。いわゆる。

守護は身内争いと武将の離反で、壊滅しました。

2015/7/1017:18:29

ちなみに謙信は改名ではない。影虎は輝虎に改めた後は終世輝虎。これ豆。

2015/7/1016:04:10

越後守護職は 室町時代は上杉氏です。守護代が長尾家です。勘違いが有りませんか。
のちに 長尾家により滅ぼされた(断絶した)。
上杉氏は関東管領として 関東や越後を支配し、越後はその一族が守護職として支配。越後上杉の断絶で越後は守護代長尾氏が支配し、関東は上杉が管領職を務める状況となった。
戦国時代、上杉氏は新興勢力の北条氏により追い詰められ、
越後の守護代長尾景虎(のちの上杉謙信)に関東管領職を譲ることとなった。
これ以降 上杉景虎=輝虎(のちに謙信と改名)が関東管領となり、北条との戦いに入っていった。謙信は京より関東奪回にむしろ力を入れていた。(小田原攻めなど)
したがって室町時代の上杉と戦国から安土桃山の時代の上杉は全く違う上杉です。
謙信以降の上杉は関東管領職です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E6%B0%8F#.E8.B6.8A...

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる