ここから本文です

政府 イージス艦用ソフト 米への輸出決める

pon********さん

2015/7/2323:48:05

政府 イージス艦用ソフト 米への輸出決める

政府は、NSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開き、海上自衛隊が導入するイージス艦に搭載される対空防衛システムに使われるソフトウエアなどを、アメリカ側に輸出することを決めました。
「(中略)」

このソフトウエアは、イージス艦の周辺にいる船舶や航空機、飛来するミサイルの弾道などの情報を画像として表示するためのもので、去年、閣議決定された防衛装備移転三原則に基づいて、ソフトウエアが輸出の対象となるのは初めてです。
「(中略)」

7月23日 17時45分 NHK


日本のシステムのほうが本場アメリカのより優れてたってことですか。

イージスシステムそのものじゃなくて周辺ソフト画像解析etcの事でしょうか。

賢くない私に解り易く教えて下さい。

補足御二人様、回答有難う御座います。

コンピューター関係には詳しくないのですが何となく解りました。

「十年一昔」と言いますがコンピュターに関しては「一年一昔」ですね。

BAは投票にさせて頂きます。

閲覧数:
52
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sle********さん

2015/7/2400:45:38

http://sp.mainichi.jp/select/news/20150724k0000m010088000c.html

イージスシステムの根幹部分ではなく、CIC(戦闘指揮所)などでオペレーターが確認するディスプレイとその制御ソフトのようですね(正直、こんなものまで「武器」として輸出制限の対象にしていたのはバカバカしいとは思いますが)。

イージスシステムの根幹部分はロッキード・マーティン社が完全ブラックボックスにしてますから、日本が開発参画する余地はありません。

ただディスプレイ周りといっても、戦術を司る指揮官やオペレーターがシステム情報を効率よく確認するための重要部分です。航空機ののコクピットがグラス化して必要情報のみ表示するようになったのと同じく、イージス艦のCICでも必要情報のみ表示で消費電力を抑えたり、オペレーターの負担軽減を狙っているのでしょうね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

i4k********さん

2015/7/2400:03:34

戦術ソフト・ウェアなので、コンピューター・ソフト一部ですね。
コンピューター・ソフトなら、物の考え方を変えれば、従来より良い物が出来る可能性は幾らでも有り得ます。
物の考え方・・・例えば、1~10までの数の総計は、1+2+~+10を順に足すのが普通だけど。
考えを変えれば、外側の1+10から順に内側の5+6迄の小計11×5(組)と考えれば、暗算で一瞬に計算出来ますよ。
この様に、物事を深く分析すれば、寄り良い事が考えて実現出来る可能性がありますね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる