ここから本文です

円形脱毛の治療について。治療にいってるのに、よくなるどころか、悪化していて、...

mel********さん

2015/8/623:11:37

円形脱毛の治療について。治療にいってるのに、よくなるどころか、悪化していて、不信感いっぱいです。
日産厚生会が設立したという、受付だけで15分以上待たされる大きい病院ですが、フロジン

と、ステロイド、抗ヒスタミンざいを処方されて、なんかドライアイスで冷却されておわり、一回いくと、受付から、会計、薬局と、半日仕事なんです。
時間もお金もかけているのに、増えてます。

しかも、いくたびに、たいしたことないとか言われて、治療への真剣さも、かんじられません。

もっとちゃんとした、治療は、保険では受けられないのでしょうか。
光線治療、局所免疫療法など、あるようですが。

また、二子玉川周辺で、よい病院ご存知でしたら、教えてください。

閲覧数:
684
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sum********さん

2015/8/717:41:33

円形脱毛症はその付近の血流が悪くなると起きるものなので頭皮マッサージをするなどご自身でケアをすることが大切なんです。毎日2キロのスロージョギング等、有酸素運動をして頭皮マッサージをしましょう。髪、産毛を育てるお酢を含む納豆巻きを毎日一本食べてください。帽子、毛染め、シャンプーの科学化合物、ヘアトニック、タバコ、ダイエットは抜け毛を進行させますのでご注意してください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2015/8/814:44:40

一般の皮膚科が手に負えなかったり重度の円形脱毛症だと都内の大学病院などが開設する頭髪専門外来の紹介を受け、大学病院の専門科であれば先進的な治療を受けられると考える方も多いのですがですが現在行われているフロシンや抗ヒスタミン剤、さらにドライアイス療法まで取り入れている治療は先にご紹介した頭髪外来でも有効治療として円形脱毛症に用いられています。
ただ日本の有名大学病院の頭髪外来が行っている治療だからといってそれが最先端の治療かというと海外とは異なります。

グローバルスタンダートから考えると日本の皮膚科学会などが提唱している円形脱毛症の診療ガイドラインは海外に比べると遥かに遅れており、そのいくつかは海外では行われなくなりました。


ですがご自身でも実感しているようにそれほどの効果を期待できる治療法ではありません。


重度の円形脱毛症は自分自身経験していますし美容師としても大変多くの方のご相談にものりました。

専門病院にも通い、様々な治療法や民間療法を試みても改善しなかった方が全国から来店いただいたりご相談を承りましたが精神的負担が計り知れないことは良く分かります。




SADBEやステロイド注射、ドライアイス療法などが日本の皮膚科では推奨されているようですがこのような治療を円形脱毛症に積極的に推奨している国は少なくなっています。

ドライアイス療法は40年以上前に使われていた治療法です。昔は小さな皮膚科でもこの機器は導入されておりましたが明確な改善が見られないためにほとんどが撤去されております。またナローバンドの場合も使用開始当初は改善がみられる事もあるのですが継続せずまたすぐに抜けてしまうことが多いようです。

頭皮を一時的にかぶれさせてそれが円形脱毛症を好転させる可能性はあまりにも低いことから海外ではあまり用いられなくなった治療法が現在、日本では推奨されています。

日本で提供されている円形脱毛への治療の場合には劇的な改善を期待できず長期化する恐れがあります。


長期に治療を受けても回復が見られないと漢方やハリ、鍼灸に期待を寄せる方もありますがこのような民間療法を取り入れてしまうことで回復もせず、かえって長期化してしまうこともあります。

ご存じだと思いますが日本で行われている治療(ステロイド療法、ドライアイス療法、局所免疫療法(SADBE、PUVA療法)を用いても回復しない場合には仕方がないと説明する医師が多いようですがこれはあくまでも日本で行っている対処方法で海外では別の方法が用いられております。


海外の医療機関ではステロイドパルスは効果に対して治療後のトラブルなどから推奨する医師が少なくなっているのですが日本では現在でもストロイド点滴を薦める病院もあります。

重症化すると回復後も再発を繰り返す場合がありますのでご注意ください。

以下は円形脱毛症に書いた知恵ノートです。(ぜひお読みください)

円形脱毛症の海外の取り組み
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n91036

可視光線を医学的に用いた治療法は海外では進んでおりますが日本ではほとんど周知されていません。その中でも育毛の分野においては一般的な脱毛だけではなく、放射線治療や抗がん剤投与後の脱毛なども患者のQOL(クォリティーオブライフ)のためにも研究が進んでいたり、アメリカは戦争に従軍された兵士の方たちがPTSDに陥って起こる様々な疾患への治療や研究がおこなわれています。その中でもストレスによる円形脱毛症の研究も進んでいます。

円形脱毛に対して医学的に認められている方法でご自宅でも安全で簡単にお使いいただけるような機械が海外にはあります。特に小児のように成人と比べ、体への負担などから治療法が限られているとさらに治療の選択肢が限られてしまいますがそのような治療法が制限されている小さなお子さんの多発性や全頭型の円形脱毛症にも成果を上げている方法があります。


過去に知恵袋内で円形脱毛症への対策として回答したものですのでぜひお読みください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011961088...

これからさせていただく回答の元となるURLを以前はご紹介できたのでよりわかりやすいと思います。

ハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛や円形脱毛症に対しての育毛効果についての学術発表が行われています。


日本では低出力レーザーの育毛効果があまり知られていませんが2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされています。

2011年にはマイアミ大学が円形脱毛症の効果を研究を行っている研究チームも国際レーザー医療の学術書に論文を発表してマウスの円形脱毛症のLLLTの効果を発表しています。(ここでは実際、FDAが認可している低出力レーザー器が用いられています)

年6回発行されるAmerican Journal of Clinical Dermatology (米臨床皮膚医学ジャーナル)の2014年の最新号にも低出力レーザーの育毛効果や臨床データが紹介されています。世界でも権威のある臨床皮膚医学ジャーナルです

現在AGA型脱毛にはミノキシジルやフィナステリドが認めれらているが他の選択肢とて低出力レーザー(LLLT)も選択肢としてあると記載されています。全文は見れませんが上記論文を発表したマイケルハンブリン博士は通常のAGA型脱毛以外にも抗がん剤を投与したマウスやalopecia areata (円形脱毛症)を発症した男女(人間)に治験を行い効果が確認できたと発表しています。


AGA型脱毛やマウスの抗がん剤による脱毛、円形脱毛など異なる脱毛要因に効果がある理由として低出力レーザーが毛包内の表皮幹細胞の生成が活発化することで髪の成長が休止期に入ったままの幹細胞が成長期に移行することで育毛効果が得られるとの今回の研究で発表しました。

この論文を発表しているハンブリン博士はハーバード大学メディカルスクールの皮膚科学の教授です。ウェルマンセンターの可視光線治療の低出力レーザーの研究や臨床をおこなっておりLLLTによる傷の治癒、脳損傷、毛髪の成長の効果をこれまで発表しています。


2011年にはマイアミ大学が円形脱毛症の効果を研究を行っている研究チームも国際レーザー医療の学術書に論文を発表してマウスの円形脱毛症のLLLTの効果を発表しています。

2009年から低出力レーザーの治験がFDAによって開始され、育毛効果の有効性の治験開始のきっかけとなった発表をアムステルダムで2009年7月に開催されたISHRS(国際毛髪学会)の中でハンブリン博士が発表した低出力レーザーの毛髪への効果についての学術発表がきっかけとなりました。


この2009年の学術発表を経て、治験と臨床が行われ、FDAによってAGA型脱毛などの認可を受けましたがここで示された低出力レーザーの幹細胞の活性化やATPの増加などの学術発表の延長研究、円形脱毛症への効果や抗がん剤を投与した患者でも効果が発表されました。

2012年の全米皮膚科学会 American Academy of Dermatology (AAD)の中で円形脱毛症の説明の中で以下のように書いております。


「In addition, investigators are exploring new avenues of treatment with a variety of lasers and with drugs that target」

現在科学者が円形脱毛症への新たな治療対策として様々なレーザーや治療薬を研究中であると明記しています。

実際アメリカや他の国で院内治療で円形脱毛症に対しLLLTを行っている病院もあります。



病院内で同機器を使って治療を受けるのではなく、自宅での対処法となるので治療ではないのですが効果は期待できると思います。

FDAの認可やISHRSの発表やAADの記述。ハーバード大学メィディカルスクールの可視光線医療の研究や治験。他科に渡る医学諸論文でも低出力レーザーに育毛効果は示されております。

日本の円形脱毛症のガイドラインも日本ではまだ可視光線を医療に用いるという治療が確立していません。ですがこのガイドラインも将来的にはかわると思います。

しっかりとした対処法をとればどれだけ重度の円形脱毛症も改善する可能性はありますのであきらめないでください。


以下の画像は低出力レーザーを用いて回復した3例の画像です。2例は最新のヘルメット型低出力レーザー育毛器のTheradome(セラドーム)を用いり、1例はブラシ型レーザー器のHairmaxを使用しての回復例になります。Theradomeを利用された20代女性の方は広範囲ですが13か月ほどで改善をされました。

特に小さいお子さんの場合はステロイド点滴や局所治療などを使用できず、治療策が限られていますが低出力レーザーを使用してわずか4か月ほどでここまで改善されています。

ご自宅でもしっかりと対処をしていただければそのほうがステロイドやSADBE、フロシン液よりも遥かに円形脱毛症に対しての有効性が世界的に確認されている療法があります。

もし円形脱毛症を含め、育毛についての情報をご希望であれば以下のURLをご覧いただければ様々な育毛情報を紹介しているブログやアドバイスもさせていただけます。

http://blogs.yahoo.co.jp/kaminonayami_net

一般の皮膚科が手に負えなかったり重度の円形脱毛症だと都内の大学病院などが開設する頭髪専門外来の紹介を受け、大学病院...

fa_********さん

2015/8/716:40:51

こんにちは。
病院によっては受付から半日がかりという所もあるでしょうね。特に大きい病院はそうかもしれません。

脱毛外来などを持っている大学病院や大病院などだと予約制であっても患者が集中して今度は予約がなかなか
取りづらいとか、午前中しか診察しないとか、、、命にかかわらない病気とはいえなかなか治療を受けるのも大変ですね。

おそらく質問者さんは先生の熱意や真剣さを感じられないところが病院や治療を変えたい動機ではないでしょうか。

命に関わらない病気で、痒み痛みといった苦痛もなく、あくまで患者の苦痛は目に見えない精神的な物だからか
残念ながら医者によってはあまり熱心でなかったりします。

ここ↓は、お住まいの近くの病院を紹介してもらえます。見返りは求められませんので安心して問い合わせできますが
://www.enkeidatsumou.net:444/introduction/
治療方法などは質問者さんの希望に沿った所なのかどうかは直接病院に問い合わせてみる必要があるかもしれません。
頭にhttps をつけてアクセスしてみてください。

光線治療を希望されていますが、おそらくエキシマレーザーの事をおっしゃっているのですよね。
以前は探すのが大変でしたが導入している病院が随分増え、また保険診療もできるようになってますね。

機械を販売している会社のHPから探すのが楽だと思います。
たとえば、、、アブソルートという会社のHPでは、エキシマの機械を買ったクリニックをHPに載せています。
他にVTRACなども載せていますが他にもメーカーがありますので探せばもっと見つかると思います。
貼りつけたURLは頭にhttpをつけてアクセスしてください。

://www.absolute.co.jp/medical/308excimersystem/clinic/
://www.jmec.co.jp/products/laser/vtrac_cliniclist/kanto.php

ちなみに液体窒素を使った治療も局所免疫療法になります。

自分の免疫がカン違いして毛根を攻撃している状態が円形脱毛症ですから、
液体窒素を使ってわざと火傷を起こさせてカン違いしている免疫を毛根攻撃から
そらさせて火傷治癒の方に向かわせるという事です。

ただ火傷の一歩手前までやりますから結構痛い!手を抜くと意味がありません。鬼のように押し付けないと意味がない。
私も痛さと火傷跡のじゅくじゅくに耐えられず断念しました。

火傷ではなく痒みを起こすのがSADBEです。
掻き毟るほど強い痒みは必要ないので、濃度がうまくマッチすれば比較的楽です。
ただし局所免疫療法って結構効果が出るまでに時間がかかります。
ごくうすーーーーい濃度から始めて少ずつ濃度をあげていき、痒みが出たところでその濃度で2週間に一度
塗っていきます。
またSADBEは全ての患者に有効ではないです。

エキシマなどの光線療法の方が効果が出るまでが幾分早いようですが全く効果が出ない人もいます。
私は半年間を目安につづけると言われました。

確実に毛の生える治療方法は現段階では無いので、いくつかの方法を様子を見ながら受けていくしかないと思います。
ただし単発型などは半年程度で無治療でも発毛する事が多いです。

日本皮膚科学会が円形脱毛症の治療に関してガイドラインを出していますので一度読んでみると良いかもしれません。
できればそのガイドラインに沿った治療をしてくれる医院に通われると良いと思います。
頭にhttpsをつけてください。 ://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913324_2.pdf

まずは毛根部での炎症が治まっていれば髪を生やす方の治療をしますが、もしまだ脱毛が進行中であれば
脱毛を止める治療が必要かもしれません。脱毛を止めるのはステロイドの内服や局注ですがこれも全ての患者が受けれるわけではないですし、医療機関全てで行う訳ではないです。

あ、ちなみに局所免疫療法というのは毛が生えるように促す方の治療です。

質問者さんの現在の状況、どういうタイプの円形脱毛症で必要な治療が何かをきちんと説明してくれる先生に出会えると
良いですね。お大事になさってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる