ここから本文です

日本製のCD、pops その他を含めて非常に音が悪い。コンプレッサーのかけすぎ。なぜ...

thi********さん

2015/8/1002:12:51

日本製のCD、pops その他を含めて非常に音が悪い。コンプレッサーのかけすぎ。なぜあんなCDを作るのでしょうか?聞くに堪えません。その意図は何でしょうか?

ラジカセで再生してもわかります。答えを教えてください。

この質問は、50代の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
204
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dai********さん

2015/8/1016:49:29

ちょっと場違いかもです
モッズに入りかけてパンクが閉塞した頃からロックシーンの先がみえなくなったのかな
私の感覚では○○NETWORKの頃から、もうダメです すいません
このころの小比類巻かほるだけは別格で個人的に例外とさせていただきます

ディスコブームからジュリアナ、マハラジャのダンスブームに引き継がれたころから本家モータウンとはまったく違う方向いっちゃったかな。
私はこのころから暗黒の時代だと思ってます
最近は反対に居直ってるので新境地切り開いてるのじゃないですか?
結構面白いなって思ってますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hiy********さん

2015/8/1016:29:19

本当にそうだと思います。
必ずしもすべてのCDがそうなっているとは思いませんが、私の直前のpartita1005さんがおっしゃる通り、2004年以降のCDは粗悪な音になっています。
多くが「音圧」を競うかのように酷い音ですよね。
ご質問主さんがラジカセで聞いてもわかるくらいですから、如何にエンジニアさんの技術力が低下しているか、それが如実に現れていると思います。

私が知る限りでも、1990年代前半期までのCDの方が明らかに良質な音を聞かせています。
例えばロック系で、1995年4月25日発表の『コレクティヴ・ソウル(Collective Soul)』(コレクティヴ・ソウルさんのセカンドアルバム、当時のイーストウエスト・ジャパンさん発売)は、比較的高い収録レベルですが非常に整然とした音作りで、いわゆる「音割れ」は一切ありません。
ミキシング・エンジニアがボブ・クリアマウンテンさんで、この人は昔から大変高品質な音作りを行う事で有名な超ベテランです。

par********さん

2015/8/1016:04:18

同感です。

全てのCDがそうとは言いませんが。

わたしはクラシック中心で、ロックはあまり聞きませんが、スピッツはたまに聞きます。

最近のCDはひどいです。

「ハチミツ」95年なんかは良心的な録音ですが、

「スーベニア」05年なんかはひどい。

ピークレベルが0dBに揃えてあって、ひどい録音。

音が割れて、ガサガサです。

04年以降のアルバムは総じてそのような録音です。

スピッツは、LPレコードやカセットテープも販売している、音質にこだわるバンドだと思ったのですが残念。

嫁さんは嵐のファンですが、全てアウトですね。

気が付いたのが、CDをリッピングして、Audio Gate で再生、ピークレベルメーターを見た時です。

皆さんも一度確認してみたらどうですか?

jij********さん

2015/8/1009:07:39

現在のスタジオレコーディングは10年以上前から殆ど24bit/96kHzのハイレゾで録音されています。ハイレゾ音源でモニタリングされたものをCD(16bit/44.1kHz)にダウンコンバートしてCDを作成するのですがその際にダイナミックレンジの縮小によりスケール感が失われてしまうので殆どのCDは低音と高音をイコライジングしています。
このためハイレゾ音源では適正なレベルであってもCDの場合はクリッピングレベルに達してしまうこともあります。まあソースにもよりますが全体のレベルを下げて低音と高音をイコライジングすれば問題は無いのですがソースによってはこの辺が甘いためにそうなっているものが多いようです。

sir********さん

2015/8/1008:48:41

老齢者意見ですので間違いあるかも、聴き流して下さい。

コンプレッサーで音が歪んでいるのが分かるのは、
プロ以上に耳が良い方と思います。

昔からレコードやカセットテープなどで平均音量を大きくして音が良いようにしたり、聴きやすくするのにピークを押さえるコンプレッサーでダイナミックレンジを狭めていて、今でもラジオ、テレビ、電話、ICレコーダーなども同様にコンプレッサー処理しているはず。

担当ミキサーさんにより歪が分からないようにして、商品化しているので普通耳にする音のほとんどがコンプレッサー加工されているはずです。
耳も大きな音は小さく、小さな音は大きくして聴いているのではないでしょうか?

機器の特性、耳の特性などを研究すると分かるかも?
音が悪いと感じられているものを掲示していただけると、
WebでもフリーソフトWaveSpectraなどで、ひどいものでは波形で分かるはず。

poi********さん

2015/8/1008:04:38

そう言うソフトもあると言うだけでしょ。

優れたソフトを買えばいいので・・

アナタが言うソフトを具体的に挙げてみたら・・・ 原因はアナタの側にあるカモよ(笑)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる