ここから本文です

古いバイオリンの本のこと。日本語に翻訳されているか知りたいです。

ked********さん

2015/8/1003:25:07

古いバイオリンの本のこと。日本語に翻訳されているか知りたいです。

"Violin Mastery: Interviews with Heifetz, Auer, Kreisler and Others"
Frederick H. Martens (Editor)

http://www.amazon.com/Violin-Mastery-Interviews-Heifetz-Kreisler/dp...

リンク先では2006年となっていますが、初版は1919年の古い本です。

内容は、バイオリンの教師やバイオリニストたちがバイオリンの熟達についてさまざまに語るものです。以下の24人がとりあげられています。

粗いですが目次だけざっと訳してみました。

1 ウジェーヌ・イザイ バイオリン熟練のツール
2 レオポルド・アウア 秘密のない方法
3 エディー・ブラウン フバイとアウアー:技巧:学生へのヒント
4 M・エルマン 解釈の生命と色。 技術的な段階
5 S・ガードナー 技巧と音楽的才能
6 A・ハートマン 技巧の問題
7 ヤッシャ・ハイフェッツ 練習しすぎては危険。 技術的な達成と気質
8 デイビッド・ホッホスタイン 表現手段としてのバイオリン
9 フリッツ・クライスラー アートにおける個性
10 F・クナイゼル 完全な弦楽アンサンブル
11 A・ベッティ 現代カルテットの技術
12 H・レッツ ボーイング技巧
13 D・マンズ バイオリン教育の原理
14 T・ナーシェ 教師としてのヨアヒムとレナード
15 マキシミリアン・ピルツァー 歌うようなトーン及びビブラート
16 M・パウエル 技術的な困難:コンサート・プレーヤーへのヒント
17 レオン・サメティーニ 和声学
18 アレキサンダー・サスラフスキー 教師ができること、できないこと
19 T・ザイデル 学び方
20 エドモンド・セヴァーン ヨアヒムのボーイングなど
21 A・スポルディング アーティスト育成における最重要ファクター
22 T・スピアリング クロイツェルへのボーイング練習の応用
23 ジャック・ティボー 理想のプログラム
24 ガスタフ・ゼンガー

日本語で読んだような気がする、という方がいらしたらおしえてください。

閲覧数:
156
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mh1********さん

2015/8/1003:44:24

読んだことありませんが、ググったら出てきました。これだと思います。
「バイオリン技法」 F・H・マーテンス/高杉忠一
全音楽譜出版社 昭和48年
http://www.tokuno-o.com/player%203.html

質問した人からのコメント

2015/8/10 03:56:47

すごいです。こんなにはやくわかるとは・・・w
ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる