ここから本文です

かたつむりを飼っています。飼い始めてから一度冬眠で冬越しをしたのですが、春か...

yum********さん

2015/8/1816:36:04

かたつむりを飼っています。飼い始めてから一度冬眠で冬越しをしたのですが、春から殻の生成がうまくいっていないようです。
どうすれば治るのでしょうか
飼い方も、改善点があれば指摘をお願いします。

家 : プラスチックのパック、アジサイの葉を敷く
エサ : 主にレタス、たまにキャベツ 水菜 白菜 (紙) (ニンジン、りんごは食べない) 卵の殻を置いているが、最近あまり食べない
プラスチックのパックはほぼ毎日洗ってます

カタツムリ,プラスチック,パック,冬越し,改善点,カットルボーン,カルシウム

この質問は、suz********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
997
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

suz********さん

リクエストマッチ

2015/8/1911:32:42

この度はリクエストありがとうございます。

さてカタツムリにとって殻は大変重要なので、それの生成が上手く出来ていないのはちょっとよろしくないと言えます。

対策としてはカルシウム分を与えることが大事なのですが、それだけでなくミネラル分も摂らせたほうがより良いようです。

まずカルシウムですが、鶏卵の殻だけでなく小鳥用に市販されているイカの甲を加工したもの(商品名「カットルボーン」)が与えやすいです。
丸ごと一個ケージに入れてしまうのではなく、カットして少しづつ使ったほうが良いかと思います。

次にミネラル分についてですが、これは簡単に言うと土です。
産卵のためだけでなく、保湿や摂取のためにもやはりあったほうが良いものと思いますので、少量を浅い皿などに入れ、これをケージ内に入れておくか、いっそケージ内に土を敷いてしまうかです。

最後に飼い方について。
まずアジサイの葉は毒性があるのでカタツムリは食べませんから、お止めになるべきです。
エサとして玉レタスよりもサラダ菜やサニーレタスのほうがカロテンが豊富なのでおすすめです。
他の葉物(キャベツ 水菜 白菜)などもいろいろ与えるほうが良いでしょう。
ニンジンやりんご、キュウリ、サツマイモなども時間は掛かりますしごく少量づつですが食べないことはありませんので、使ってあげてください。

なお、プラスチックのパックをこまめに洗浄されるのは大変良いことです。
カタツムリは自分の粘液の上を移動することで自家中毒になってしまうようなので、毎日とまでいかなくても、汚れたら都度都度洗ってあげましょう。
ただし、生体を直接触らなくても済むように(生体に与えるストレスと、人間への病気の回避のため)、何かの上に乗っているときにそれごと取り出してしまうなどのタイミングで行うと良いです。

カタツムリ類の寿命は種によっても異なるのでハッキリしませんが、長生きしてくれるといいですね。

質問した人からのコメント

2015/8/23 16:09:46

返答ありがとうございます!
土も必要なんですね…
カルシウム分も変えようと思います。

とても助かりました
本当にありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる