ここから本文です

トルクレンチの使い方について 先日、トルクレンチ(プリセット型)を購入したので...

aki********さん

2015/9/914:46:00

トルクレンチの使い方について
先日、トルクレンチ(プリセット型)を購入したのですが工具については素人で正しい使い方がいまいち分かりません…
先端のレバー?

を切り替える事で締め側と緩め側の両方に使えるのですが、以前何かの本かブログでトルクレンチを緩める方向に使うのは良くないと読んだ記憶があるのですが、緩める方向に使うのは問題ないのでしょうか?
あと使い終わった後のトルク設定なのですが、例えば2~25Nmの範囲で使えるトルクレンチの場合、使い終わった後のトルク設定は2Nmに戻して保管するべきなのか0Nmで保管するべきなのかどっちなのでしょうか?

補足回答ありがとうございます。
説明書はついていますが、物凄く簡易的なもので質問した事については一切記載が無かったので分かりませんでした。
ナットやボルトを緩めるのに使う気はないですが、トルクレンチはサイズも大きいので緩めるのにも力が入れやすそうに感じたので…
自動車では見かけないですが、自転車の整備ではトルクレンチで固く締まったボルトを緩める方が結構おられます。

閲覧数:
5,168
回答数:
14
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2015/9/1000:02:24

当方は、KTCの製品を使用してます。
説明書は使用法と,トルク設定(成績)表だったような気がします。

保存や逆ネジ対応等の記載はありませんでしたが。


工場では正ネジ、逆ネジ有りますが(自軸回転物のセンタープーリーボルト等)同じトルクレンチで締め付け管理をしてます。

プリセットと、プレート式を使用し管理してます。

ので・・・正ネジでは緩め回転でも、逆ネジでは正常に締め付けトルク管理出来てます。

トルクレンチは締め付けトルクを数値化するための物であり、測定管理機器なら校正しなくてはならない。

後保管は、測定工具の負荷を抜いてが鉄則・・つまりその工具の最低設定値で保管(0ではなく工具の最低負荷値)。

高温多湿にならぬようにします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ゆでえびさん

2015/9/1220:35:38

プリセット型のトルクレンチは緩める作業には使いません。
それは、プレート型やメーター型の物を使います。

また使用後は最小値(2N)に戻して、ボルトを締めないで緩めたままケースに入れて保管します。

ipp********さん

2015/9/1117:26:29

あなたが購入したものはトルクレンチとしての精度がないのでどう使うかは自由です。
何も気にしなくても問題ありません。

hon********さん

2015/9/1117:16:36

規定トルクに締め付けるために使う道具であって 緩めるのに規定トルクはありません。ただ緩む方向に回して緩めるだけなのでトルクレンチは使いません。

締め側緩め側ではなく 逆ネジって通常緩める方向で締めるナットやボルトもあるので右回り左回りどちらにも対応しているって考えます。

ran********さん

2015/9/1116:57:32

通常トルクレンチで逆転はしないですが、たまたまやるって程度なら全然問題ないです。
私も出張整備なんかの時は、エアが無いので横着して緩めにも使います。

あと保管に関してですが、工場で使ってる物は毎日何度も使う物は数値は使った時のままですし、たまにしか使わない物でも そのまんまですね。

結論で言うと なんら問題ないですよ。
会社の物も何年か毎に メーカーからトルクレンチの点検に来ますが、殆ど狂いは有りません。古い物は20年以上使ってるのもありますよ。

ですから そんなに神経質にならなくても大丈夫だと思います。

ちなみに 昔のトルクレンチは今みたいにカチンと来ないで、グリップの支点を傾けない様にして 自分で数値を見て締めてたんですよ!

san********さん

2015/9/1012:59:59

数万単位のトルクレンチは、まさに測定機器。
数千円のトルクレンチは、DIY用のなんちゃって工具。
恐らく後者だと思いますが、そもそもの精度が無いので緩めるのに使おうが、保管をどうするか考えようが、どうでもいい。

トルクレンチの構造は、内部のバネを押さえつけることでカチンと鳴るトルクを管理します。
なのでバネを縮めた状態で保管するとバネ乗数が変わってしまう恐れがある。
バネはフリーにする。よってゼロまで戻せば良い。
でも戻しすぎると分解してしまいます。
なので下限トルクに合わせる。というのが教科書通りの回答。

使い続ければ摩耗やバネの変形などでトルクがずれる。
だから定期的にシムを交換するなり調整するなりの、校正が必要。
数万クラスの測定機器は、やればいい。
数千円クラスのDIY用は、買い直す。
でも狂ってるかどうか、基準がわからん。

正直、ディーラーで使っている工具でさえ本当に正しい数値かどうか怪しいもんです。

緩めるのに使って良いのか。
教科書通りの回答をするならダメです。
工具が狂う原因になります。
10キロで締め付ける場合は10キロになります。
でもそのネジを緩めるには、10キロでは緩みません。
だから工具が狂う。
壊れる原因にもなるが、タイヤ交換レベルの話であれば緩めるのに使っても支障は無い。

あまりガチャガチャラチェット機構を使うのも摩耗に繋がる。
あくまで測定機器なので、違う工具でネジを締めて、最終確認でカチンと使うだけ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる