ここから本文です

朱子学って一体何?

kou********さん

2008/3/116:00:40

朱子学って一体何?

閲覧数:
114,418
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sgi********さん

編集あり2008/3/414:10:25

朱子学については、司馬遼太郎さんが実にうまい事をいっています。
-----------------------------------------------------------------------------------
●朱子学は、宋以前の儒学とは違い、極端にイデオロギー学だった。

正義体系であり、別の言葉で言えば正邪分別論の体系でもあった。
朱子学が得意とする大義名分論というのは、何が正で何が邪と言う事を論議する事
しかし、こういう神学論争は年代を経ていくと、正の幅が狭くなり、鋭くなり、ついには針の先端の面積ほどもなくなってしまう。
その面積以外は、邪なのである。

●朱子学というのは大義名分を論じ始めると、カミソリのような薄刃を研ぎにといで、自傷症のように自らを傷つけ、
他を傷つけたりもするイデオロギー
(街道をゆく 28 眈羅紀行)

<朱子学は、妥協を許さぬ方向へ人を駆り立てる思想>
日本でも朱子学的名分論を主流とした「水戸学」は、幕末の志士たちに大きな影響を与えたにもかかわらず、維新後の
明治政府の要職には水戸出身の姿は見えない。
-----------------------------------------------------------------------------------
水戸藩内部では維新が成る前に、佐幕派の諸生党、勤王激派の天狗党で、血みどろの内部抗争が続き、惜しい人材
をみんな殺してしまったのだそうです。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朱子学(しゅしがく)
中国[南宋時代]の[朱熹]と言う人の組みたてた[儒教の新しいかたち(体系)]なので日本では朱子学と呼ぶようになった。

------------------------------------------------------------
北宋時代の思想は矛盾だらけのばらばらのものだった。
・・・・・性即理説(性(人間の持って生まれた本性)がすなわち理であるとする)
・・・・・天理(天が理である)
これに、
・・・・・仏教思想の論理体系性、
・・・・・道教の生成論
・・・・・静坐という行法
を取り込み、儒教独自の理論にもとづく壮大な学問体系に仕立て上げたものが朱子学。
-------------------------------------------------------------
難しいので簡単にするとこんなふうになります。


自分と社会は[理]と呼ばれる普遍的原理で結ばれている、
これを自己修養(修己)で把握すれば社会秩序は維持できる、と考え
[個人と社会を統合する思想]として提唱したものが朱子学です。

やがてそれは、後の時代に[道徳]の実践を取り込んで、
自分と社会の関係をよく考えるだけでなく、それを行動で示さないとダメ!
という思想になっていきます。
つまり、自分が正しい(正義)と思うのなら、それを行動で示しなさいな、ということなのです。
これが日本の国を大きく動かす力となっていくのですね。
このあたり、面白いですよ!

ではその歴史とはいかなるものであったのでしょうか!?


朱熹の主張する学説

朱熹の学は、
社会の統治を担う士大夫層の学として受け入れられた。


[元]の時代
科挙試験が準拠する経書解釈として国に認定される。
朱子学は、国家の教学となる。



[明]の時代
国家教学となった朱子学は、科挙合格という世俗的な利益のためにおこなわれた。
また
体制側でも郷村での共同体倫理確立に朱子学を用い、
道徳的実践を重んじた聖人の学としての本質を損なうようになった。

そこで[明]の時代の朱子学者たちは、
[陸九淵の心学]を取り入れて[道徳]の実践を学説に取り込んだ。

この流れのなかで
王守仁の[陽明学]が誕生する。



[清]の時代
社会的な秩序構築を具体的に担う「礼」への関心が高まる。
具体的・具象的な学問へと狭まっていった。

清代になっても朱子学は、国家体制を維持するための学問として継承され利用された。
しかし[君臣倫理]など狭い範囲でしか活用されることはなかった。



日本への伝来と影響

正治元年(1199年)
入宋した真言宗の僧俊芿が日本へ持ち帰ったのが日本伝来の最初とされるが異説も多く明確でない。
鎌倉時代後期までには、五山を中心として学僧等の基礎教養として広まった。

正安元年(1299年)
来日した元の僧一山一寧がもたらした注釈によって学理を完成した。

後醍醐天皇や楠木正成は、朱子学の熱心な信奉者と思われ、
鎌倉滅亡から建武の新政にかけてのかれらの行動原理は、朱子学に基づいていると思われる箇所がいくつもある。
その後は長く停滞した。

江戸時代に入り林羅山によってその名分論が武家政治の基礎理念として再興され、江戸幕府の正学とされた。

だが皮肉なことに、この朱子学の台頭によって天皇を中心とした国づくりをするべきという尊王論と尊王運動が起こり、
後の倒幕運動と明治維新へ繋がっていくのである。

朱子学の思想は、近代日本にも強い影響を与え、軍部の一部では特に心酔し、二・二六事件や満州事変にも
多少なりとも影響を与えたといわれている。

「朱子学」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

iwa********さん

2008/3/121:34:47

朱子学と言うのは朱子による儒学の一派です。
それまでの儒学とは違い、儒学思想を基にした実践を重視する考えでした。

例えば、儒教では親を大切にしなさい。と考えます。
しかし、親が大切と思っていれば、一応それでいいのですが。
朱子学的には、具体的に親に挨拶をしなさい。とか言う実践的な行動をともなうって感じでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる