ここから本文です

185系が、品川ー錦糸町の総武快速線区間を走行しない理由は何ですか・・・?

ris********さん

2015/10/1919:47:37

185系が、品川ー錦糸町の総武快速線区間を走行しない理由は何ですか・・・?

「湘南ライナー10号」は510円のライナー料金を取りながら品川止まりで、東京までは山手線などで立って行くことになるのが現状です。

「遜色ライナー6・8号」は貨物線経由でも、横須賀線に乗り入れて東京まで行きますが、185系の構造に、地下区間走れない何かの理由があるのですか・・・?

補足前面非貫通構造で、火災発生時に前後の線路に退避できないことは、関係ありますか?

閲覧数:
927
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ple********さん

2015/10/2014:26:31

185系は季節臨時列車の「成田山初詣伊東号」や「成田山初詣横須賀号」などで品川~錦糸町の地下区間を営業運転しています。
現在は185系がこの地下区間を走行するのに制約はありません。

質問者さまのご指摘のとおり、以前の保安基準では[前面貫通構造]である必要があったことと、他の回答にあるように、[信号システムがATC]だったので185系は走行できませんでした。

「湘南ライナー4号・10号」が品川止まりなのは、この頃の名残があるのに加えて、回送が面倒なんじゃないですかね。
215系は東京駅(総武地下)に到着後、折り返して茅ヶ崎の電流線に回送するだけですが、
185系は東京駅(総武地下)から品川の電流線か東大宮センターに回送するのに折り返しが2回必要、
成田エクスプレスのルートで東大宮センターに回送すると列車の向きが逆になってしまうなどが考えられます。

上野東京ラインの開通で東海道線東京駅での折り返し列車が激減しているので、東京駅地上ホーム到着での運転延長は可能だと思います。このまま東大宮センターへ回送すれば折り返し不要ですしね。

2015年春のダイヤ改正に期待するとともに、JR東日本に意見されることをおススメします!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

myg********さん

2015/10/2014:48:58

構造的にも保安装置的にも全然問題ないです。
湘南ライナーが品川止まりなのは、その時間帯の東京駅がカツカツで入れないためと思われる。

hig********さん

2015/10/1923:03:51

前面非常口の設置規定は、連続する長大トンネル区間にあって、軌道側面に非常時の避難空間が取れない(40cm未満)路線を走行する場合に限り必要とされています。

総武快速線のいわゆる「東京トンネル」区間においては、40cm以上の通路幅は確保されていますので、前面非常口の設置規定は該当しません。
元来旧国鉄の貨物線として計画された、りんかい線やJR化後に開業した京葉線、東京~新木場間も同様です。

また連続する長大トンネル区間を走行する車両は、かつては不燃化構造を特に強化する義務などが存在しましたが、その後そういった区間を走行するしないにかかわらず、かつての地下鉄車相当の不燃基準を適用を義務付けられるようになり、185系電車は適用を義務付けられた後に製造された車両なので、火災対策云々に関しても問題はありません。

北陸新幹線のために在来線ホームが削減され、運転本数を削減しないまま、東京駅への乗り入れ本数を確保するため、湘南ライナーの一部を地下区間に入線させることになりましたが、当時、この区間の保安装置はATCを採用していたため、当時増備中だった215系電車にATCを取り付けて運用しました。
その後、この区間の保安装置は地上区間と同じATS-Pに改められましたが、185系が入線しないのは、単にこのときの名残がそのまま残っているだけかと思います。
215系電車は、当時乗車整理券を取るために前日に行列するほど人気が高かった湘南ライナーの混雑緩和の切り札として登場した車両でしたが、投入当初は、朝夕ラッシュ時は湘南ライナー、日中は快速アクティーとして使われていたものの、全席自由席のアクティー使用時に、全車2扉デッキ付の215系電車では乗降に伴う列車遅延が慢性化したため、定期運用は湘南ライナーにしか使えない車両になってしまい、いわば持て余してしまっており、現在の運用を185系に置き換える積極的な理由がないため、現在もそのままになっているということかと思います。

あと余談ですが、E217系は、基本編成と付属編成を併結した最大15両編成で運用されていますが、製造当初は長大トンネル区間を運用する場合、すべての車両が貫通構造になっていなければならないという規定があり、基本編成と付属編成の連結位置に両編成を行き来できる必要があったのですが、それを車両通報装置の設置で省略できるように改正されたことによる仕様変更です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qzp********さん

2015/10/1921:47:20

ATCからATS-Pに変更になったので保安装置の問題はありません。
勾配も上東ラインの方が急勾配です。
前面非貫通構造もE217系増備の途中で法律が改正されてE217系の後期車は前面非貫通構造になっていて何の問題もありません。
構造上の問題は全てクリアーになっています。

一番の理由は運転出来る資格を持っている運転士がいないことかな、結局。

hai********さん

2015/10/1921:26:29

小田急のロマンスカーが、全面貫通型のブルーのMSEしかメトロに乗り入れできないのと同様に、非貫通型車両は、地震や火災時に前後のドアから避難できないからだと思えますよ。

mnb********さん

2015/10/1920:13:29

最初はATCだが
設備更新後は、通常のATSに変更した。
http://atos.neorail.jp/atos3/topics/topics_15.html

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる