ここから本文です

弁護士の高圧的な態度

kaz********さん

2008/3/719:30:13

弁護士の高圧的な態度

今まで2人の弁護士さんとお会いしましたが、2人とも威圧的でプライドが高い感じの人でした。
腕くみして、話を十分聞いてくれません。

自分は「客だ」という態度を見せるつもりはなく、親身に話してくれる人をがいいと思っています。
弁護士さんって、高圧的な態度の人が多いのでしょうか?

閲覧数:
4,702
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nrk********さん

2008/3/720:42:54

質問者が出くわした弁護士がどのような人かわかりませんが、エリート意識を持って相談者に接する弁護士がいることは事実です。その様な弁護士が気に入らなければ別の弁護士に当たったほうがよいかもしれません。
ただ、エリート意識からではなく、仕事の必要上高圧的な態度をとる(ようにみえる)事もあります。その理由が相談時間です。この場合は相談者のほうで解決が可能です。

弁護士会や自治体の主催する法律相談では一件30分(実質25分程度)で5250円となっています。弁護士は事前にどのような相談か知るすべは無いうえ、制限時間を過ぎようものなら、職員に怒られます。ほかの相談者も控えているので弁護士としてはなんとしても時間内に終わらせようとします。
弁護士は相談の核心(法律的に問題になる部分)を要領よく掴み、それに対する判例などを照らして結論を出そうとします。いわば、法律的な問題点以外は枝葉末節に過ぎず無視しても構わないのです。ところが相談者は法律の素人であり、何が相談の核心かわかりませんから、感情論や問題の核心から離れたことなどを延々としゃべります。そうすると時間の足らない弁護士としては、その様な余計なことは(たとえ重要な事実が隠されていても)切捨て、弁護士にとって必要な情報のみを聞き出そうとして話を遮ることが多々あります。
相談者にとってまだいいたいことがあっても最後まで伝えることが出来ず、弁護士からの一方的な見解を伝えられて相談終了…そして相談者には不満が残る。弁護士としての話を聞く能力が低ければこのような法律相談は珍しくありません。
そこで解決策です。

まず、10分強で事案の概要を弁護士に説明できるように整理して下さい。時系列図や、たくさんの人間でもめている場合は関係図などを作っておくと弁護士も素早く事案をつかめるでしょう。証拠や書面(あなたにとってたいした価値が無くても弁護士にとっては重要な法的価値を持つことがあります)などがあれば纏めておいて、目録をつけて見せるとよいかもしれません。このようにしておけば、弁護士も残りの時間で補充の質問や法律的な問題点の説明、今後の方針を話せるでしょう。
その様な手間を惜しむのであれば、個人で直接法律事務所に駆け込んで時間無制限で(相談費用も無制限で)相談を受けましょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yos********さん

2008/3/719:46:45

世の中悪徳弁護士も大勢いますし、善良な弁護士も大勢います。良き弁護士に会えるまでチェンジの繰り返しをされたら宜しいでしょう。

2008/3/719:41:48

人によりますが、優しい人もいっぱいいますよ。
たまたまそのような人に当たったのでしょう。

ガム子さん

2008/3/719:37:18

私は弁護士を目指して勉強中の身ですが、そうならないように気をつけています。
先輩(若手弁護士)を見ていると、高圧的な人は少なく、「先生と呼ばれたくない」と言っている人が多いですが、
やはり日本の士業資格のなかで最難関といわれる資格試験に通った誇りがそうさせてしまうのかもしれません。

親身に話を聞き、一緒に最善の解決策をみつけていく弁護士になりたいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる