テクノロジー犯罪と集団ストーカーの被害者です。 テクノロジー犯罪で悪用されている技術は、

テクノロジー犯罪と集団ストーカーの被害者です。 テクノロジー犯罪で悪用されている技術は、 アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)が研究開発に力を入れており、そして陸軍、海軍、空軍、国家安全保障局(NSA)、国防情報局(DIA)などが情報公開しています。 それから集団ストーカーでは、コインテルプロやら防犯ネットワークやらが悪用されているという事は、防衛省と警察庁は間違いなくこの犯罪を認識していながら、すっとぼけていますよね? それから、総務省も関わっていると考えられませんか?

ベストアンサー

0

総務省は直接、かかわっていないでしょう。 総務省は電波法を所掌していますが、 電波法30条は、無線設備には、人体に危害を及ぼし、又は 物件に損傷を与えることがないように、 総務省令で定める施設をしなければならない、と規定しています。 従って、電波法を遵守する限り、 電波を発射して人体に危害を及ぼす電波兵器は不可能になります。 ところが、電波法30条に抜け穴があります。 自衛隊法112条は、電波法が適用されない例外を定めているのです。 即ち、無線局の免許、登録及び検査並びに無線従事者に 関する規定は、自衛隊がそのレーダー及び移動体の無線設備を 使用する場合については、適用されません(自衛隊法112条1項)。 自衛隊が、マイクロ波を人体に 照射するレーダーを使用していても、 このレーダーの免許、登録などに 電波法の規制は及びません。 戦前から帝国陸軍登戸研究所は、 電波兵器の開発をしているのです(文献1)。 1930年代に電波兵器が完成していなくても、 21世紀の現代には完成しているでしょう。 電波兵器が実用化して、 防衛省情報本部がレーダーから マイクロ波ビームを人体に照射していても、 総務省の規制は及ばず、やりたい放題です。 また、電波兵器ですから、防衛秘密に指定して、 その存在を秘匿することも可能です。 文献 1 著者 渡辺賢二(明治大学文学部非常勤講師) 題名 陸軍登戸研究所と謀略戦 副題 科学者たちの戦争 出版社 吉川弘文館 出版年月日 2012年2月1日

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/20 16:46

その他の回答(5件)

0

エレクトロニックハラスメントはメディアによるプライバシーの侵害が行なわれています。 映画のトゥルーマンショーのように不可解な現象が起こります。 マインドコントロール兵器の使用者がメディアを使った共同の番組を制作したり、逆に番組にあわせて思考をコントロールしたりもします。 メディアによるハラスメントの規模は日本だけではなく、世界規模で行なわれています。 エレクトロニックハラスメントを犯罪だととらえると、テレビ局を使ったマインドコントロール兵器の人体実験だと言う見方が出来て、テレビ局を管轄している総務省に重大な責任があります。 メディアを使ったエレクトロニックハラスメントのプランは20年以上も前から存在します。 エレクトロニックハラスメントを行わなかった場合はこんな感じになっていると思います。 http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1273592107 引くも地獄。引かぬも地獄。

0

あなたを誰も気にしていません 襲いもしません ましてやテクノロジーなど使いません 明日も明後日も平和です ただただ、年を取って幻聴があるだけです

0

安倍晋三が加害者ですし、総理大臣が工作員として日本政府が関わるという事は全て関わっているのです 組織とはそういう事ですねえ コインテルプロについて各省庁に電話ぐらいしたのですかね? 事実なら威圧ぐらいにはなりますから、してくださいねえ ご用心、

0

総務省の電波法については話題になった時期があったぜ? 解決済みで探してみるといいぜ? テレビ局の公共の電波をエレクトロニックハラスメントに利用しているのは総務省の責任だぜ? 国家犯罪…NHK、総務省、犯罪企業、犯罪省庁だぜ?