ここから本文です

最近は、横綱大関でのがっぷり四つの相撲は見なくなったのでしょうか? 輪島、北...

rit********さん

2015/11/2321:56:55

最近は、横綱大関でのがっぷり四つの相撲は見なくなったのでしょうか?
輪島、北の湖の頃は、特に多かったのですか?
今は、変化も多いですし顔を張ったりして、すぐに決まってしまうのでしょうか。

閲覧数:
127
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

恵比須丸さん

2015/11/2600:24:03

本当ですね
質問者さんのおっしゃる通り がっぷり四つの相撲が減った気がします。
がっぷり四つ→「寄り切り」「寄り倒し」「外掛け」などの決まり手が多かった。

今はすっかり格闘技になってしまい
立ち合いの変化は当たり前
張り手の多用
土俵を割ってからのダメ出し
動きが大きく粗くなった分 けがも増えました
サポーターだらけの体で神聖な土俵に上がり
取り組みが終わったとたん観客の前で指のテーピングを
外すのもすっかり見慣れました

「心」「技」「体」に恥ずかしくない取り組みをしてほしいものです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる