ここから本文です

ヘパリン起因性血小板減少症について 私の母が膝に人工関節をいれる手術をしま...

atg********さん

2015/12/210:56:09

ヘパリン起因性血小板減少症について

私の母が膝に人工関節をいれる手術をしました。手術は成功し、血栓が出来ないようにヘパリンを投与していたのですが、先日ヘパリン起因性血小板減少症(H

IT)になり、急性心筋梗塞となりました。梗塞部分は右冠状動脈です。院内での発症だったのですぐに転院し、心カテの手術が行われましたが、血小板の数値が2万程で出血の可能性があるため処置が限られて血栓を除去しきれなかったと言われました。また、医師からは血管は至って健康なので、おそらくHITが原因ではないかと言われました。現在CCUに入院中で、意識ははっきりしていますが、頻脈が続いております。血小板の数値もまだ2万程です。
ここで質問です。
1、ヘパリン起因性血小板減少症はネットで調べたところ発症の可能性が低いとのことでした。整形外科の術後でこのようなことになるのは病院の管理体制に問題があったという可能性はないでしょうか?膝の手術をした病院からは詳しい話は聞かされておらず、私も納得がいかないので近々話をしに行こうと思っています。

2、右冠状動脈の梗塞で現在も血栓が残っている状態で、今後の後遺症としてどのようなことがありますか?また残っている血栓が飛んで脳梗塞、肺塞栓等になる可能性はありますか?母は高血圧の現病がありますが、血管は健康とのことです。
長々と申し訳ありませんがよろしくお願いします。

閲覧数:
461
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kil********さん

2015/12/422:39:45

確かにHITは珍しい病態で発症の可能性はかなり低いですが、起きる時には起きるもの。さらに血栓症を発症した場合には、患者さんにも担当医にも厄介な状況になります。
まずほとんどの人には起きないけれども、いったん起きれば致命的な副作用は風邪薬にだってあります。宝くじではないですが、このような合併症は一定の確率で当たってしまうものなんです。

まずはHITの診断が正しいかどうかの確認と、HITが正しいのであれば、ヘパリンは今後何が起きても一生使ってはいけないことを肝に銘じることが重要。
人工関節術後にヘパリンを使うのは別に間違ってないと思いますし、対応に不備もないように思われます。たまたまHITが起きてしまったことを考えれば、管理体制云々を論じるのはお門違いでしょう。ただでさえ厄介な状況になっているのに不要な一石を投じることとなり、患者さんのためにもならないと思われます。

血栓に関しては、HITによって血栓が体のあちこちで作られて血栓症を起こすため、心臓の血栓が他の臓器に飛ぶことはありえません。ただし血栓が新たに作られてしまえば、脳梗塞だって起きる可能性はあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる