ここから本文です

内容証明郵便物と代金引換について。 ツイッターでのお取引のことです。私はある...

アバター

ID非公開さん

2015/12/1315:00:02

内容証明郵便物と代金引換について。
ツイッターでのお取引のことです。私はある方から缶バッジを3200円でお譲りして頂く予定だったのですが、相手様が未成年とのお取引は禁止しているとの事が

取引すると決まった後に発覚し(私も未成年との取引を禁止している方との取引は避けているため)キャンセルさせてもらいました。しかし、相手様はどうしても私にそれを買取してほしいようでツイッターのダイレクトメールでこのまま取引してほしいと言われました。私はその返信に気づくのが遅くなってしまい、放置する形となってしまっていたのですが昨晩また新しいダイレクトメールが来ているのに気づきました。
そこには、ダイレクトメールを無視するなら文書送付する、もしそれも無視するなら内容証明郵便にて送り品物は代金引換郵便にて送りその際に3200円に加え文書送付などにかかった手数料を請求する、と書いてありました。
とりあえず、このままダイレクトメールに返信しないのはまずいと思い、買取はどうしても出来ないと返信しました。しかし、納得してもらえず結局は代金引換郵便で強制的に払わせるつもりのようです。
このように代金引換郵便で相手に強制的代金を払わせることは可能なのでしょうか?もし払わなかった場合、訴訟など起こされてしまうものなのでしょうか?SNSでの取引なんてトラブルになるに決まっているからやった方が悪い、などと思われるのは仕方のないことだと思いますが、そのようなお叱りの言葉はどうかご遠慮ください。回答お待ちしております。

閲覧数:
456
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rok********さん

2015/12/1316:00:31

内容証明云々はただの脅しなので無視しても問題ありません。代金引換郵便は受領拒否をすればいいだけです。もし家族と同居しているのであれば家族にも事情を話して、代金引換郵便は受領拒否するように伝えておいてください。家族であっても受け取って代金を支払ってしまったらそれでおしまいです。受領拒否をすればその郵便は向こうにそのまま送り返され、向こうは費用倒れです。

訴訟になったとしても、未成年者は保護者等(法定代理人)がその契約に同意を与えたり、自分が成年者であると偽ったりしていない限り契約を取消せます(民法第5条)のでご安心ください。

メッセージでも構わないので以下の文面をコピペして送っておいてください。

「民法第5条に基づき当該契約を取消す。今後一切のメッセージの送付並びにいかなる文書・物の送付は拒絶する。内容証明の送付を仄めかす行為は当方に過度な畏怖を与えるもので、また、度重なる取引の要求は強要しているもの受け取るほかない。これらの行為は不法行為(民法第709条)に該当し、今後これらの行為を行った場合には警察に脅迫行為として被害届を提出し、また民事でも法的手段をとることを予め警告する。」


これを教訓に不確かな相手との取引は注意してするようにしましょうね。


≪参考≫
民法 第5条(未成年者の法律行為)

1 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

3 第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nox********さん

2015/12/1317:57:42

払わなかったら商品がそのまま送り返されるだけで、その時点で無理やり払わされるとかということはありません。

ただ、未成年の取引を禁止しているということがあとから発覚したから売買契約を取り消すってのは質問者様の一方的な理由のキャンセルといえるでしょう。
原則的に未成年者は親などの同意がなければ契約できず、同意なしにやった契約は原則的に取り消しができます。
そのようなトラブルを避けるため未成年者と取引しないというのは合理的なものといえるでしょう。
ですので契約が成立している以上そんな勝手な理由で受け取らないとかキャンセルするというのは認められず、相手側が被った損害を賠償する義務があるといえるでしょう。相手が本気なら損害賠償の請求訴訟を受ける可能性があります。

ほかの回答者様が未成年者の契約は取り消せるということをおっしゃっておられますが、それはその通りで質問者様が未成年であるのなら取り消せるはずです。
仮に質問者様が未成年だったとして、なんでそれが発覚した時に自ら未成年であるということを言わなかったのでしょうか?そうすれば相手はその取引を中止したでしょうに…

で、あくまでも勝手な推測ですけど、質問者様は相手に自分は未成年者ではないといったのではないのですか?
かりにそうであれば、そのやり方によっては契約の取り消しができなくなる場合があります。
それに該当するのであれば契約は取り消しできず成立していることになり先ほど言った通り訴えられて損害賠償を請求される恐れがあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

onb********さん

2015/12/1316:11:09

未成年者での取り引きが禁止していると言うことで
一度キャンセルしたのなら それは有効となっている物です

その後に買って欲しいからと言って強制的に送りつける行為は無視しても問題の無い行為です
送りつけられば受け取り拒否すれば良いこと いちゃもん付けてくれば
親に保護者の権限で息子の売買契約の取消し行為をすれば良いことです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる