ここから本文です

会社法の清算結了の登記について質問です。

mas********さん

2015/12/614:38:29

会社法の清算結了の登記について質問です。

定款で定めた解散の事由の発生により会社が解散した場合には、最初の清算人が就任した日から2ヶ月を経過するより後の日でなければ、清算結了の登記はすることができない

上記問題の答えが○なようなのですが、私の手持ちの基本書には「最初の清算人が就任した日から」ではなく、「解散の日から」と書いてあります。解散登記と清算人の登記は一緒に申請しなくてもよいので両者はイコールでは無いと思うのですが、どうなんでしょうか。

閲覧数:
151
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mnb********さん

2015/12/620:14:27

通常は、
解散時に、清算人を選任しなければ、
自動的に取締役が清算人なる=法定清算人

「解散の日」と「清算人就任の日」が同じになると思うけど。

私は、清算人就任の日と解散の日とが相違する事があるかどうかわかりません。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2015/12/618:31:24

そうなんですけどね、清算人の登記ってそもそも就任日なんかないじゃないですか。

とすると登記官としては解散の日付からしか判断できんでしょ?

そもそも公告をしたのかどうかなんて添付させてるわけじゃなく、日数的に明らかに矛盾があれば却下するといってるだけの話です。

chr********さん

2015/12/616:08:37

その「基本書」というのは何ですか?書名がわからなければ確認もできません。

私の持っている本では、たとえば江頭憲治郎『株式会社法』999頁(有斐閣、第6版、2015年)では、「清算人の就任日」とされており、その典拠として昭33.3.18民甲572号通達が掲げられています。

この通達を確認すべきでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる