ここから本文です

今度ライトノベルの新人賞に応募しようとしている者です。 面白い作品とは何なの...

アバター

ID非公開さん

2015/12/615:48:55

今度ライトノベルの新人賞に応募しようとしている者です。
面白い作品とは何なのかについて、教えて頂ければと思います。

.
私が書く小説を、執筆仲間に読んで頂いたところ、
シナリオとしてのでき、描写力、一線を画していると言われました。
(ラノベ以外では受賞歴があり、そっちの方でデビューしています)

ただ一方で、「面白いか」と言われたら、「ノー」だそうです。
「出来がいい」≠「面白い」だそうです。

分かるようで、分かりません。

私の小説には、バカらしさ、明るさがありません。
その方からは、それを理由として挙げてもらったのですが、
シリアスなストーリー、リアリティのある心理描写、そんな作品も、
ライトノベルではあると思います。

ちなみにその方は、面白くは無いと仰いましたが、書籍化されたら買うとの事です。

そう考えると、ますます分からないわけです。

小説としての魅力は多様で、その一つとして「面白さ」があり、
私の作品には「面白さ」以外の魅力があるということでしょうか?

アドバイスを頂ければと思っております。

閲覧数:
271
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

exさん

2015/12/806:25:57

初期(1980年台及びそれ以前)のライトノベルは一般文学では当時ほとんど扱ってなかったSFやファンタジーを含む若者受けのする作品をライトノベルとして扱っていました。
それ以降SFやファンタジーの流れを組みつつ、より若者受けしやすいようギャグやラブコメなどのライトな要素を取り入れたり、かと思えばシリアスや心理描写に特化した作品が現れたりなどして貪欲に多分野を吸収し拡大していきました。
実際、一昔前(だいたい2010年辺りまでかな?)まではわりとあなたのおっしゃるようなシリアスや心理描写のある作品も多く、しかし、馬鹿らしさや明るさを全面に押し出した作品もある「なんでもあり」の状況でした。
しかし近年のラノベはこれを書けば売れるみたいなテンプレが有り、それにそっていてかつ明るい作品ばかりが売れるようになってしまいました。

ここまで何書いてるか自分でもよくわかんなくなってきたんで要約すると、
「ちょっと前までならあなたのおっしゃるような作品もありだったけれど、今は頭空っぽにして読めるテンプレ通りのくだらないギャグやラブコメじゃないと売れないので重たいシリアスや心理要素はNG」ってことです。

ただ、個人的にはシリアスや心理描写満載のくっそ内容の重たいライトノベルが好物なのでぜひ応募してみてください、というか売ったら買う。

  • exさん

    2015/12/806:33:45

    追伸、文章下手でごめんなさい。
    友人の方のおっしゃられている面白さは「今の読者がライトノベルに求める面白さ」のことでそれが不足しているが、
    作品の小説としての面白さは十分買うに値するものだ。
    と解釈しました。
    それにしても言いたいことを正確に言葉にするのって難しいですよね、
    それができる作家であるあなたを尊敬します。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2015/12/13 23:12:30

三名の皆様、ご回答ありがとうございました。
kazu19141さんのご意見と、loversin4elevenさんのご意見は、
同じものだと思いました。

私もそのように思います。
それぞれ求められているものが違うというか、
それを読む読者層が期待しているものが違うのだと思うのです。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lov********さん

2015/12/1314:23:26

最初に断っておきますが、質問の内容から考えて、
「ライトノベルとしての」面白さに回答を限定します。
小説全般の面白さには言及しないので、そのつもりで。

さて、ライトノベル読者の平均年齢は、今は30歳前後。
もちろん、彼らがライトノベル以外を読まないかというと、
そんなことはないでしょう(そういう人もいるにせよ)。

ということは、メイン読者層の30代(9割男性)にとって、

> シリアスなストーリー、リアリティのある心理描写

を読みたければ、ライトノベル以外でも探せます。
彼らにとって「リアリティ」があるのは社会人の心理で、
10代の少年少女の心理は遠い昔のことになるでしょう。
で、ライトノベルのキャラはほとんどが10代です。

シリアスさも、本格ミステリーなどでまかなえます。
もちろん、大人が読むSFやファンタジーもありますし。

さらに、中高生読者にとってライトノベルは娯楽であり、
シリアスさやリアリティを強く求めるとは考えられません。
要は漫画と同じです。楽しく読めるものが良いはずです。

以上を考えると、「ライトノベルとしての」面白さは、
シリアスさやリアリティは必ずしも要求しないのです。
むしろ、忌避される要因になる可能性のほうが高いです。
私自身は、そういうライトノベルも好みなのですが。

文字どおり「軽く」読めるのが醍醐味である以上、
ライトノベルに重いテーマやストーリーは似合いません。
そういうのはライトノベル以外でやれよという話です。

もちろん、シリアスさやリアリティといったものが、
ライトノベルにあってはならないわけではありません。
ただ、それ「だけ」では駄目だ、ということです。

> バカらしさ、明るさ
> シリアスなストーリー、リアリティのある心理描写

これらを両立させられない理由はありませんから、
後者に偏っていることが面白くない原因なのでしょう。


「出来の良さ」は普通、技術的な部分に対する評価です。
技巧に走るばかりで心に訴えかけない演奏があるように、
技術の巧拙と作品の感想は必ずしも一致しないものです。

あるいは、名指揮者による名門オーケストラの演奏に、
10代の若者が感動できるか、というような話ですね。
音楽の素養がないと、普通は感動できないはずでしょう。

あなたの作品は、それをやっているようなものでは?
だから、読者目線だと「面白くない」になるのです。

ENIACさん

2015/12/1122:08:30

僕が思うに「出来がいい」と「面白い」に違いは、”文章的に”出来がいい。
と、”僕が読んでみて”面白い。とがあると思います。出来がいいだけならば、たとえば荒廃していく世界をどれだけ上手に描写したとしても、それがただ荒廃していくだけなら”面白く”ありません。そこにどれだけ”面白い”を盛り込めるか、だと思います。これは勝手な偏見かも知れませんが、ラノベで面白いものは、すべて読んでいて面白く、身近に感じられる「会話」が盛り込まれている気がします。間違っていたらごめんなさい

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

d_p********さん

2015/12/823:50:06

デビュー済みのあなたに、こんなところで得たアドバイスを受け入れる柔軟性がお有りでしょうか。水鏡さん。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる