ここから本文です

利息制限法の利息上限と、罰則を強化する必要はありませんか?

kpp********さん

2015/12/821:53:22

利息制限法の利息上限と、罰則を強化する必要はありませんか?

1、利息の上限を、10万円以下は15%
10万円~50万円は10%。
50万円~100万円は8%。
100万円以上は6%。
延滞金は上記に5%加算、合計は15%まで。

2、罰則規定は、1年以下の禁固刑、もしくは100万円以下の罰金。

3、違反の場合は、元本を含めて支払いを免除する。

金融庁の方針として、違反があった場合は、金融庁検査を行い、内容によっては、
・業務改善命令。
・1~3か月の営業停止処分。
・免許取り消し。

以上の様な金利も罰則もかなり厳しくしたら、慎重に融資するので、無計画な借り入れにより破産する人も居なくなるように感じます。

閲覧数:
69
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

elp********さん

2015/12/1010:15:03

罰則の強化は賛成です。
金利だけで縛るのでは無く、総量規制を厳格化することを盛り込むべきと思います。

無担保融資は年間所得の25%以下
月々の返済額は月間所得の10%以下

それを超して、融資した場合は、貸して側に責任が有り返済不要としたら、『押し貸し』等の事案が減ると思います。

借り手側にも責任はあるのですが、貸し手側の責任をもっと厳格にしないと駄目だと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「禁固2年とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる