ここから本文です

「差別されていたから」「少数派だから」何をしても許されるべきだ。悪事を働いて...

apo********さん

2015/12/1308:14:53

「差別されていたから」「少数派だから」何をしても許されるべきだ。悪事を働いても暴力をふるっても許されるべきだ、社会は許容すべきだというのは、部落解放同盟の『糾弾』論法でした。

下記のSEALDs弁護士の論理も部落解放同盟や半島の『ゲスな論理・正当化』と同じなのは、どうしてなんですかね。


部落解放同盟は八鹿高校事件で、暴力を振るいまくった。テロリストでした。


日本国内で『日本人を殺せ、日本人女性をレイプしろ』と叫んでも法的に何のお咎めもないんですか。差別でも脅迫でもないんですか。

八鹿高校事件で女性教員を部落解放同盟は、丸裸にしてレイプしていた。



別ではないんだね。脅迫でもないのかね。

《「『日本人を殺せ』と国内で言っても差別でない」発言で大論議 在日訴訟の女性弁護士ツイートに異論も続々》


この女弁護士がSEALDsの関係者というのには何かしら意味があるんですかね。



J-CASTニュース 12月3日(木) 》


「『日本人を殺せ』と国内で言っても差別でない」発言で大論議 在日訴訟の女性弁護士ツイートに異論も続々

ヘイトスピーチ関連訴訟で在日韓国・朝鮮人側の代理人をしている弁護士が、
「『日本人を殺せ』と国内で言っても差別でない」とツイッターで発言して、大きな論議を呼んでいる。
発言したのは、京都市内に事務所がある上瀧(こうたき)浩子弁護士だ。
上瀧氏は、ヘイトスピーチ問題で朝鮮初級学校側の弁護団に加わったほか、 在日韓国人のフリーライター女性が名誉棄損だとして起こした訴訟で代理人をしている。

◇「在日の人たちが被支配的地位にあるから」と説明

きっかけは、あるツイッターユーザーが2015年11月24日、マイノリティからマジョリティへの攻撃は単なる罵倒で差別でないという反レイシスト側からの発言に疑問を呈したことだった。

これに対し、上瀧氏は、人種差別撤廃条約にある人種差別の定義で、 マイノリティがする攻撃は差別でないと解釈できる内容が書いてあるとツイッターで説明し、 「重要なのは、被支配的地位にあるということだ」と指摘した。
そして、差別は、社会的な集団間での非対称が前提となって行われるとしたうえで、 次のようにツイートした。

「日本国内で『日本人は誰でも殺せ』との内容は、日本人という優位にある集団に対するものであり、
差別にはあたらないと思います。例えば、『日本人女性をレイプしろ』との内容は日本人であることに
ついては差別とはなりませんが女性差別であると考えます」

つまり、在日韓国・朝鮮人が「日本人を殺せ」と発言したとしても、日本人を差別したことにはならない
ということだ。
その理由として、上瀧氏は、「日本の朝鮮半島に対する植民地支配以降、差別されてきたのは在日であり、日本人は差別する側にいたという歴史的事実に基づいております」と説明した。
もっとも、「『殺せ』という発言を容認してはおりません」とは言っている。

上瀧氏のツイートは、ネット上で次々にリツイートされて反響を呼び、批判や疑問が相次いでいる。

◇「在日外国人が攻撃した場合、差別的言動の可能性」

「これこそ日本人差別でありヘイトに当たる」
「そもそも優位に立つ人間に何言ってもいい訳じゃない」
「少数派が言おうが関係なく人種差別」

中には、「差別という概念まで加わるかというのは疑問」と上瀧浩子氏に理解を示す声もあるが、
ネット上では、異論の方が多い。
こうした反応が続く中、上瀧氏は、「帰って、pc開いたらネトウヨだらけであった…。」と
11月28日にツイッターでつぶやいた後、アカウントが非公開設定にされてしまった。

人種差別については、人種差別撤廃条約の第1条で次のように定義されている。
「人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限
又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における
平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的
又は効果を有するものをいう」

J-CASTニュース 2015年12月3日(木)20時4分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000005-jct-soci&p=1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000005-jct-soci&p=2

閲覧数:
429
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

u7m********さん

2015/12/1308:51:38

この論理は今の日本で良く使われる。
少数派、被差別側、野党、サヨク、女性、労働者、少数民族、同性愛者、障がい者は
多数派、支配者、与党、保守右翼、男性、経営者、日本人、普通の異性愛者、健常者側に対し、何を言っても許されるが、
逆はほんの些細な事でも絶対に許さない。...サヨク、リベラル、朝日、毎日などマスコミの論調は全てこうです。

このため、多くの人が、自分が何か差別されてないか、差別してるのは誰か、一生懸命に探し回り、「有利な弱者側」に立とうと必死です。そのための理屈を人権や自由や平等と言った聞こえのいい言葉をちりばめて作り出し、「敵」から何か取れないか、もらえないか、血道をあげています。その行動がまた「良識的」「知的」だとほめたたえられ、自己陶酔します。
バカな国になりつつあります。平和で暇すぎるとしか思えませんね。

  • 質問者

    apo********さん

    2015/12/1415:08:59

    弱者・少数者の名を騙って、社会を破壊しようとするテロリストだね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2015/12/1310:29:58

「人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果」

を与えられている被差別側が叫ぶ言葉は、どんなに不道徳の類ではあっても、

「人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果」

を差別側に与えることにはならない、つうことですな。

つまり現に差別されている側の言葉は道徳や礼儀上の問題があっても、差別する側に対する逆差別には当たらない。

差別は社会的に差別関係がある場合や対等な関係において定義されるのです。


もっともそれは法的な定義であって、人道的には「差別的精神性」と呼んでも差し支えはないでしょう。
しかしそのような精神性が醸成された原因には差別されてきたという実態があることも見逃せないことです。

すなわち道徳性を理由に言葉を封じればそれもまた差別の強化になる、ということです。

だから差別問題は厄介なのですよ。
その厄介さをとことん考え抜かない軽々しいネトウヨの攻撃は道徳にも倫理にもとる暴論でしかないのです。

法理体系はもちろん発展途上で問題も多くはらみますが、少なくともネトウヨの軽々しくも利己的に過ぎる感情とは異なり、人間の性質について深く深く考察し積み上げてきたノウハウが詰まっているのです。
そしてそれは全世界全人類共通の普遍の原理を与えてくれるものです。

その知性を冒とくし低俗な感情に任せるなら社会は破壊され、ネトウヨたちの安穏な生活さえ無くなることでしょう。
中にはそのような無政府状態の暴力社会を好む人もおられるようですが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

chl********さん

編集あり2015/12/1319:00:09

同和、やくざ、暴力団、街宣右翼、在日、菊タブー、などは表裏一体のようです。多数決の世論などに認めてもらえない少数派は、開き直って防衛本能が働き反社会的集団や地下組織となるでしょう。電通と創価学会などの鶴タブーも追加しましょう。

ano********さん

2015/12/1308:38:19

長いわ。

もうチョイ端的にお願いしますよ

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる