ここから本文です

借地権を売買中の売り主の死亡につきまして。

アバター

ID非公開さん

2015/12/1504:10:35

借地権を売買中の売り主の死亡につきまして。

お世話になります、
親の旧借地権の借地権つき貸家を地主さんとの更新が近いこともありまして、
親の同意を得て
先日子供の私が親より委任状をもらいまして地主さんと共に売買しておりました。

ところが、買主さんが見つかり、買主さんと契約書を交わし、手付をいただいた9日後、
その持ち主当事者である親が急逝してしまいました!!

売買代金の全額はまだいただいてはいないのですが、

この場合契約には

本物件の借地権は買主が売買代金の全額を支払い、売主がこれを受領したときに売主から買主に移転する

売主は買主に本物件を売買代金全額の受領量とともにひき渡す

と明記してあるのですが

不動産屋さんは契約自体は大丈夫らしいですが、手続きなどは普通の売買と違ってくると
思われるのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

この場合の借地権売買での税金は一時所得でしょうか?それとも、相続税所得なのでしょうか?突然のことに戸惑いうろたえております、
いろいろ教えいただけますと幸いです。

補足お忙しいなかお答えありがとうございます。
この家は貸家として以前親がすんでいたのですが賃貸しておりました。
ので控除3000万は使えないとは思うのですが、
税金としましては親の一時所得になるのか、私たちの一時所得になるのか、
亡くなった時は家がまだあったのですが書面上は契約しており、取り壊し前に亡くなり、相続計算になるのかよくわからずにおりました。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
169
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwakawafestaさん

リクエストマッチ

2015/12/1517:30:03

まず、このケースでの借地権者は法定相続人が相続して、引き続き借地権付き建物の売買契約を進行させます。借地権名義人及び建物所有者が急逝したことで、相続登記が増えるだけです。この登記は、司法書士が滞りなく手続きするので、指示に従って、書類に署名捺印すればOKです。借地権名義変更においては、地主と新たな買主との契約ですから、売主である貴方が心配する必要は有りません。契約書になんて書いてあろうが、上記の通りです。
なお、
>この場合の借地権売買での税金は一時所得でしょうか?それとも、相続税所得なのでしょうか?
=借地権を買主に売り渡す際に得る売買代金の所得は、相続人の相続による一時所得です。ただし、課税、非課税に関しては、情報が少ないので回答できません。冷たいようですが、貴方がそこに一緒に住んでいたのか、そうでないとか、いくらで得た借地権で建物をいくらで建てたのか等、色々な状況によって、税金は変わるのです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/12/1903:34:46

    お忙しいなか回答本当にありがとうございます!
    借地権ですが戦前からのもので、その取得費の領収書がないようです。
    またたびたび改築、更新料を払っていたのですが、その領収証も分からなくなっております、

    不動産の契約、手付は生前でした、
    残りの残額をいただく前に亡くなってしまったのでした。
    手付は生前でしたので亡くなった本人の一時所得?で、
    残額は残された相続人の相続による一時所得になるのでしょうか?

    またこの場合ですが4か月以内の準確定申告ということになりますでしょうか?税金としては相続税と取得税との関係が恐縮ですが分からなくて難儀しておりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2015/12/23 00:16:44

回答ありがとうございます!
情報不足の中なのにお答えいただきましたこと感謝に堪えません、
いろいろと参考にさせていただきまして引き続きまして
どうぞよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。