ここから本文です

喪中の範囲、年賀状について。去年の2月に私の母が亡くなりました。 婚約者と挨...

nnn********さん

2016/1/516:22:19

喪中の範囲、年賀状について。去年の2月に私の母が亡くなりました。
婚約者と挨拶にいき
両家顔合わせをする直前のことでした。
お葬式には旦那両親もきてくださり
その後 無事 入籍も済ま

したのですが
今年 旦那両親から私たち宛に年賀状が届きました。
これから年賀状のやりとりがあることにも
少し驚いていますが・・・

喪中葉書を出さなければ いけなかったのでしょうか??
喪中葉書を受け取らなければ
相手が喪中でも年賀状を送るのでしょうか??
旦那両親から 喪中なんだから、一周忌が終わってから、と言われたことがあるので
私たちが喪中だということは認識していると思っていたのですが・・・。
旦那両親が 常識などに厳しい人達なので
余計 モヤモヤしてしまいます。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
634
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

2016/1/518:11:27

第三者が定められる「喪中の範囲」などありません。これは何らかの規定によって自動的に「喪中になる」のではなく、「悲しい」という気持ちに従って自らの判断で「喪中にする」ものだからです。

「お葬式には旦那両親もきてくださりその後 無事 入籍も済ましたのですが」

「自分にとって大切な身内を亡くした強い悲しみのため、祝い事や華美なイベントからは距離をおいています」というのが「喪に服す」ということです。
悲しみのあまり「結婚などとても出来ない」としてそういう祝い事を先送りすることになります。それが「喪に服している期間」=「喪中」です。

「打ちひしがれるような強い悲しみからは立ち直ったので自らの判断で喪明けとして日常を取り戻すことにした」というのは間違った判断ではありません。従って「入籍を先送りにせずに実施した」なら質問者さまは周囲から見た場合「喪明けとした状態」と捉えられます。

「相手が喪中でも年賀状を送るのでしょうか??」

質問者さまが喪に服しているかどうかは第三者が勝手に決められません。先にご案内の通り身内が亡くなった人は自動的に喪中になるわけではありませんから。
況してや質問者さまからは喪中ハガキさえ送っていないわけですよね?
入籍を行い、喪中ハガキを送ってこなかった人は「喪に服している人」とは判断されません。
「喪中ハガキは送っていないが、身内に不幸があったことは知っているはずだ。だから喪中に決まっている。こちらから言わなくても自分に年賀状を送るべきではない」と要求しているならそれは質問者さまの考え方が間違いです。

さらに言うなら喪中の方に年賀状を送ること自体は禁忌ではありません。
これは「自分が悲しいからおめでとうと言わない」だけであり「喪中にあっては年賀状を受け取ることも出来ない」という話ではありません。喪中ハガキというのは年賀状の受け取りを拒否するために送るものではありません。従って喪中にあっても頂いた年賀状はありがたく拝読することになります。
もちろん喪中ハガキを受け取ることで「先方は悲しみの淵にいる」ということを知った立場としては「こちらからもおめでとうと声を掛けるのは控えよう」と考えるものです。そういう気遣いはあってもいいです。
しかしながら「喪中の自分におめでとうと言うな。自分に気を遣え」と要求するのは好ましい価値観ではありません。

質問者さまは自分から喪中ハガキで欠礼のお詫びをすることさえせず、「自分におめでとうと言うな」と要求していることになります。それは極めて礼を失した考え方なのだと思って欲しいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tok********さん

2016/1/1011:45:54

喪中はがきが来ていない場合でも、知っているなら敢えて年賀状は出しません。
また親族で葬儀まで参列されている場合は喪中はがきを出さないことがあります。
ただし今回のことではないですが、亡くなられた時期が年の始まりに近い場合は必ず10月中に喪中はがきを出さないと、年賀状を出された方が後悔してしまいます。

また古い喪中の期間は相手の親が亡くなられた場合、1年よりも短いのです。
勝手な想像はしませんが、結婚式ができないのでせめて年賀状だけでもと思ったかもしれません。

常識があるかないかはこれからでないとわかりません。だからといって合格不合格をつけるものではないでしょう。
むしろ常識より大切なのはお互いの思いやりだと思います。
年賀状のことをずっと引きずるかもしれませんが、これから相手から感じたことを素直に受け止められることをおすすめします。

自分の身内を亡くなられたことは本当に悲しいことです。亡くなられたお母様のことも尊重しながらこれからも起こりうる意識の違いにとらわれず一番大切なことを守って幸せになってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる