ここから本文です

語源についての質問です。 屋根は、なぜ天井に近いのに「根」がつくんですか?

law********さん

2008/3/2323:09:09

語源についての質問です。

屋根は、なぜ天井に近いのに「根」がつくんですか?

閲覧数:
3,876
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sen********さん

2008/3/2323:50:43

竪穴式住居のように、古代の家は屋根と壁との区別が明確になく、その全体が地面に接していました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%AA%E7%A9%B4%E5%BC%8F%E4%BD%8F%E...

そのことから、もともと「屋根」という言葉は、家を意味する「屋」に全体を支えているという意味の「根」が付き、
家全体のことを表していたのではないでしょうか。

のちに柱や壁が独立して屋根が地面から離れた構造になっても、その呼び名が残ったのではと考えられます。

質問した人からのコメント

2008/3/24 13:26:28

感謝 そうなんですか!すっきりしました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる