ここから本文です

りんごのデッサンをしてみたのですが色の塗り方が全然わかりません。一応ナツメ社...

rx8********さん

2016/2/600:12:41

りんごのデッサンをしてみたのですが色の塗り方が全然わかりません。一応ナツメ社の「デッサンの基本」という本を買って描いてみたんですが色の濃淡のつけ具合がわかりません。
それと、影のつ

けかたもわかりません。適当に横に薄い線を描けばいいのでしょうか?
どなたか、教えてください。
ちなみに僕が描いたりんごのデッサンも載せておくので、課題点を教えてください。

補足この写真は、僕が見て、描いていたときと違う位置からとっていますので形は少々違います。

デッサン,りんご,ナツメ社,課題点,塗り方,濃淡,tomyuhki

閲覧数:
492
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/2/610:47:46

デッサンは、
塗り絵ではないので、

普通は、「影を塗る」という考え方はあまり
おすすめできません。

形を捉える上で、
「面を描く」という解釈で取り組まれるのがいいかと思います。

その面ごとの変化が光によって捉えることができるのですから、
面の向きを再現するという方法の一つとして、
「影」を表現するわけです。

りんごは石膏像のように無色ではなく、
固有の色がついているために、

つい”色”から捉えてしまおうとしてしまうかもしれませんが、
デッサンをする上で、
まず大事なのは、「形」です。

固有の色にとらわれずに、
りんごの大きな塊としての「形態」が、
どのような”面”で構成されているのかというのを、
よく見て、考えてあげて、

その”面”を絵の中に再現する上で、
それぞれの面が反射する光の量の変化を描いていくようにしてあげれば、
それが自ずと”影”となります。

もしどうしても
りんごの色にとらわれてしまって、
純粋な形としての面の変化が見えにくなと思ったら、

りんごの背後ろに大きめの赤い紙や布などを敷いてあげると、
固有色が目立たなくなって、立体として観察しやすくなりますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/2/923:35:55

まず画像では右下に影が落ちているので左上から光が当たってると仮定します、

常識的に考えて左上から光が当たっていれば右側や下の方は暗くなりますから影を入れていけば良いと思います。
鉛筆のタッチは林檎の形に添わせるように、ゆるいカーブを重ねていくと立体感が出ますよ!

kl2********さん

2016/2/613:51:15

本を買ったって絵がうまくなるわけじゃない。

その本には、買うだけで上手になる方法が載ってたんですか?

本を読んで勉強しながら描いたデッサンには見えません。

その本に濃淡のつけ方のヒントすら載ってないなら詐欺ですね。

cor********さん

2016/2/612:59:56

林檎の向き、描いたときと変えて撮影しました?
このまま描いていたのなら、実際は斜めに傾いている(ように見える)のに、デッサンがまっすぐということになり、角度からおかしい話になります。

書籍はもう一段階前の「基礎から身につくはじめてのデッサン」の方が、初歩的な部分を詳しく解説しているのでお勧めですよ。
形のとり方も影の見方も、その種類も解説しています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kap********さん

2016/2/612:43:15

何事にも最初はありますので
適当でいいと思うなら適当にやってみてください。
適当にやって思う通りに描けたとおうならそのやり方を続ければいいし
そうでないなら色々工夫して下さい。

ちなみに写真のリンゴを描いたのがアップされたデッサンではないですよね。
形が全然違いますもの。いずれにしろ観察が足りてません。

絵を描くということはデッサンも含めてですが、
自分自身で創意工夫することです。
決まりきったやり方を踏襲することではありません。

白い紙に黒い画材を使い、
形、光、材質、温度、重みなどなど様々なものを表現するとき
濃淡を自在につけられるのは確かに強みです。
それは線であったり、点であったり、大雑把な塗であったり、何でもアリです
筆圧、タッチ、塗り重ね、など色々試して研鑽してください。
一つアドバイスするとしたら、失敗しないやり方を模索しても無駄です。
そういう描き方が何よりも失敗です。
失敗してもいい、失敗するつもりの度胸を持ってゲシゲシ描かないと上達しません。
そして教えてもらったやり方はすぐ忘れます。自分自身でたどり着かないとどこへも到達できません。
濃淡のつけ具合が判らないから濃淡をつけないのでなく、まず失敗していいから大胆に濃淡をうつけてみてください。
濃淡はこうです、と教えたらどこまでもそれしかできなくなります。自分自身で考えることをしなくなります。それは既に絵を描くことでなくなり、塗り絵作業です。
濃淡が濃すぎたり薄すぎたりするなら、画材の持ち方、筆圧のかけ方、紙に接地させる面をどうするか自分で加減することをやってみてください。

fel********さん

2016/2/612:11:21

★ボクは小学生でしゅが…

数学シャイエンシュカテ、英語カテの元カテマシュ、現pixivのハシュイッコランカー、デジタル線画を描かしぇたら絵画カテ最強の”ボクは小学生”としゅて回答しゅましゅ。

いいえ、適当に塗るのではありましぇん。

見て観察できる面照度と、光源と面の法線ベクトルの関係から物理諸公式に
よって、面照度を計算しゅて、しょの両者を
摺り合わせながら塗っていくのでしゅ。
というのはヒトの目というのは照度や彩度を正確に判定できる構造になtていないからでしゅ。

↓起き抜けの10分絵が見本にちゅきましゅ。

ちゅなみに下の絵のショコショコ、上手い
カテマシュしゃんの下でバカみたいな書き込みをしゅているのが、絵画カテでバカのトムくんと呼ばれているtomyuhkiでしゅが、ヘタな中学生レベルの画力しゅかないので見本しゅらあげられましぇんが、ご覧のように作画上の知識も皆無でしゅよ、うははは!

★ボクは小学生でしゅが…...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる