ここから本文です

映画『残穢』での疑問? ①一番ラストでの住職が見ていた掛け軸のシーンはどいう...

gnd********さん

2016/2/814:18:25

映画『残穢』での疑問?

①一番ラストでの住職が見ていた掛け軸のシーンはどいう意図ですか?

②なぜ久保さんじゃなく、山本(梶川の死後に入居した男性)の方に、高野トシヱの亡霊が出てきたの?

③これもラストの方で、私の夫にも、惨殺する霊がとりついた感じがしたのですが?

④あまり接触がない編集者に、炭鉱事故の霊が出てきたの?

閲覧数:
51,958
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2016/2/814:57:15

1.
"婦人の顔が嗤うように歪むと不幸がある"と言っていたでしょう、
映画の観客に向けて顔が歪みましたから、
観客にも不幸が訪れるというホラー的なメッセージでしょう。

2.
久保さんには穢れに対する耐性のようなものがあるように感じましたね、
赤子殺し事件による穢れで越した男の引越し先に
高野トシヱが付いてきたんですから、穢れの連鎖的なことが起こるという意味でしょう。

3.
明確な解答はないでしょう、観る者の解釈に委ねられてるんでしょう、
私的にはこのドラマのモデルは作家の小野不由美と思いますから、
旦那さんで推理作家の綾辻行人が祟られてるとも思えませんから、
大丈夫な気がしますね。

4.
PCのモニターにメッセージが流れていたでしょう、
"聞いても、話しても祟られる"と言う事じゃないでしょうか。

  • 質問者

    gnd********さん

    2016/2/815:29:01

    1.スイマセン、自分はウインクした様な感じがしたので、耐性があると!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「ざんえ 映画」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chu********さん

2016/2/821:51:11

霊感の強い人に霊は付くというので、逆に霊感の鈍い人には付かないみたいです。子供も小さなうちは、霊感が強いですからね。

DAIさん

2016/2/816:54:38


あの掛け軸は、現存する呪いの元凶の一つ。
醜く歪んだ顔を見た者は呪われる(過去の話では吉兼友三郎がこれで呪われました)と言っていましたから、先の回答者さんのおっしゃる通り『観ている人が呪われた』という演出なのか、或いは『住職が既に呪われており犯行に手を染めている』という演出なのか、いずれかだと思います。


映画だけでは、正直この辺り全く理解できません。
(小説は未読なので小説を読めば納得できるのか分かりませんが)
かつて4階に住んでいた一家もホームビデオには居ない筈の赤ん坊の泣き声や映像が映りこんでいたにも関わらず平穏に暮らしていますし、岡谷マンションの他の部屋の住人は、子どもたちは首吊り死体の幽霊を見ているような描写はありますが母親は何一つ気にすることなく丈夫に生きています。
心霊現象に遭遇する理由、穢れに触れたと判断される理由、それらが一切不明瞭なままなのです、この映画。


どちらかと言えば呪われたのは『私』の方だと思いましたね。
人がおらずに点灯する装置を見て、『機械の故障』という最も現実的な発想に至ったのは『私の夫』だけでしたし。
平岡さんが新居に越したばかりの『私』を見て『痩せた?』と尋ねたのも、『色々な心霊現象に悩まされてやつれた』と取れますし。


話しただけでも、聞いただけでも祟られる。
――とは言え、話したり聞いたりするどころか家探しまでして平気な人たちが居るのが、この作品が消化不良に終わる要因ですね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる