ここから本文です

同じ勘定科目を1回の仕訳で2つ使うタイミングがわかりません。 例えば社債利息...

voc********さん

2016/2/2015:55:12

同じ勘定科目を1回の仕訳で2つ使うタイミングがわかりません。
例えば社債利息の問題で、定番の仕訳に、借方社債利息、社債利息、貸方社債、未払社債利息というものがあります。

また連立会計の単元では、借方受取配当金、非支配株主持分、貸方配当金、配当金というものもあります。

結局まとめるので金額が同じにはなるんですが、わざわざわける必要はなくないですか?
また、分けるパターンのときを教えてください。

閲覧数:
430
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tab********さん

2016/2/2413:03:00

まとめて解答しても問題ないですよ。

勘定科目は同じでも、内容が若干違うものなので、
解答解説のときに分けているほうが分かりやすいというだけです。

質問した人からのコメント

2016/2/26 14:43:19

ただわかりやすくするためだけの答えだったんですね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる