ここから本文です

本を読む意味、価値、作家について (本と一言で言っても、様々なジャンルがありま...

アバター

ID非公開さん

2016/2/2416:27:46

本を読む意味、価値、作家について
(本と一言で言っても、様々なジャンルがあります。小説、ビジネス、趣味、学問(哲学、医学、歴史など)など挙げたらキリがないくらいあります。小説などは面

白いのでもちろん本を読むのは自由です。)
一般的には小説に限らず本を読むことは人生においてプラスであるとされていますがこれはなぜでしょうか。
正直な意見としては、作家も世の中の全てを知ってるわけではなく(むしろ文章を書くのがうまいだけでは?)1人の人間であり仕事として本を書いていて、一冊読む時間を投資するほどの価値のある内容を書くことのできる人ははたしてどのくらいいるものなのかと疑ってます。(もちろん価値というのは人それぞれで認識が違うのはわかります。)
もう少し本質的な点を言うと、作家は何を目的に本を書いているのですか。仮に、自分の思想、知識、意見が他の人の人生にプラスになるから知らせたい、あるいは単に書き留めるためという理由であれば、本を書く必要はあるんでしょうか。インターネットが出てくる以前ならわかりますが、現在なら、上のような理由であれば本よりインターネットの方が世界中の人に見てもらえるはずです。とはいえ、作家も生きていくためには金が必要なので、本を出すとして、上のような理由を第一の理由として作家になった人はどのくらいいるのでしょうか。気に障る方もいるかもしれませんが、大した意見や思想もないのに文章がうまいから稼ぐことを目的に作家になった人も少なくないのではないでしょうか(目を引くタイトルをつけるなど)。仮にそのような作家が多くいるとしたら、一般的に本を読むことが時間を投資してでも人生にプラスになるとは言えないのではないでしょうか。
最後に、読んでおいで人生においてプラスに(どのような意味のプラスでも構いません)なるような本を知っている方がいたら教えてください。少なくとも自分では読んでよかった本などで結構です。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
127
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oda********さん

2016/2/2420:30:05

非常に本質的な質問であると感じました。おそらく質問者様はかなり高度な思考力、読解力をお持ちなのではないかと推察いたします。また、「これは本当に必要なのか」といったような、周りが当然と思っていることに対して疑問を抱かれる方であるのかなとも思いました。

さて、質問に関してですが、大きく以下の通りに分けられると思います。
①本を書く目的はなにか?また、その目的が金儲けであるとしたら本当にそれに時間を投資する必要はあるのか?

②本を読むことに価値はあるか

③インターネットではなくあえて本を読むメリットはあるのか?

④おすすめの本は何か?
です。


まず①についてですが、質問者様のおっしゃる通り金稼ぎを目的にしている人もいれば自分の考えを純粋に知ってもらいたい為に本を書く人もいると思います。ここで、質問者様は金稼ぎのための本を読む必要はあるのかとおっしゃっていますが、それはやや誤った考えであると思います。というのも、金稼ぎのために書いた本が必ずしも無価値なものであるとは限らないからです。逆に、みんなの為に書いた本だから価値があるとも言えない訳です。このように、本が書かれた目的で本の価値を判断するのではなく、純粋に本の中身で価値を判断する必要がありますし、その価値があるとすれば読むことに意味はあると思います。

②の本を読む価値ですが、私はあると思います。それは1知識2思考方法3感性が学べるからです。自分だけでは到底考え付かないことを学べますし、それによって生き方に幅が広がると思います。「それならインターネットでもよいではないか」
という意見については③で述べたいと思います。

③についてですが、もちろん例外はあるにせよ、一般的に本の方が内容の信ぴょう性が担保されているということがメリットであるということです。分かりやすくいうと、本の方がネットよりも正しい知識が得られる、ということです。なぜなら、インターネットでは文章を書くことがほとんどノーコストで出来るのに対して、本を出版する場合には一度出版社を通して印刷費といった費用が掛かるからです。ここまでして本を出版するからにはしっかりとした内容にして、利益をあげようと言うのが当然の帰結かと思います。その内容が価値のあるものかはともかく、少なくともインターネットよりは信ぴょう性があると考えます。

④おすすめの本は、小説なら坂の上の雲です。当時の人々がどのように考え、日本を守ったのかを知ることは一日本国民として非常に重要だと思いますし、内容自体がとても面白いからです。
思考プロセスを学ぶ本としてはバーバラミントの考える技術・書く技術がとてもおすすめです。いかにわかりやすく書くか、考えるかというツールを与えてくれる本です。


以上、長くなりましたが少しでも質問者様の助けになればいいなと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2016/2/28 23:51:08

坂の上の雲ですが、読み始めました!最近どんな本を読んでも軽くて大したことないなぁという感じでしたがこれはなかなか力強さを感じます。ありがとうございました。バーバラミントの方も読んでみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2016/2/2421:36:56

>本を読むことは人生においてプラスであるとされていますが
これはなぜでしょうか。

① ネット検索には出てこない知識や情報が書かれている。
② 本を書く人は、優れた「何か」をもっている。
③ 1人の人間が経験できることは限られている。
この3つが大きいと思います。

>作家は何を目的に本を書いているのですか。

生活していく収入のためでしょうね。

>仮に、自分の思想、知識、意見が他の人の人生に
プラスになるから知らせたい、あるいは単に書き留めるため
という理由であれば、本を書く必要はあるんでしょうか。

多かれ少なかれ、他の人に自分の知識や経験が
プラスになると思っているんじゃないですか。
それプラス収入が欲しいから、本を書くんだと思います。

>大した意見や思想もないのに文章がうまいから
稼ぐことを目的に作家になった人も
少なくないのではないでしょうか(目を引くタイトルをつけるなど)。

もしかしたら、そのような作家もいるかもしれません。
ただ、出版社では3000部を刷るのに、
およそ400万円かかるそうです。
だから、単に文章がうまいからという一点だけで
本は簡単に出版できないと思います。
出版不況で出版社も苦しいですから。

>一般的に本を読むことが時間を投資してでも
人生にプラスになるとは言えないのではないでしょうか。

今は、ネットの爆発的な普及や進歩のため、
プロが編集したサイトがとても多いです。
記事も多くて読めないほどあります。
しかも、多くが無料です。
だから、読書の価値は相対的に下がっていると思います。
ただ、最初にも触れましたが、本にはネットには出てこない
知識や情報が山のようにあることも事実です。
読む本にもよりますが、人生にも何らかの形でプラスには
なると思いますよ。

>読んでおいで人生においてプラスに
(どのような意味のプラスでも構いません)なるような本を
知っている方がいたら教えてください。

これはとても難しいです。
本当に人は興味の持ち方が、ばらばらだからです。
あと、質問者さんの性別と、おおよその年齢もわからないし…。
とりあえず、いくつか挙げてみます。

ジム・ロジャーズ
「人生と投資で成功するために 娘に贈る13の言葉」

木村達夫
「合気修得への道 佐川幸義先生に就いた20年」

桜井章一
(麻雀の本以外なら何でもお薦めします)

後藤忠政
「憚りながら」

永井均
「マンガは哲学する」

中島義道
「非社交的社交性 大人になるということ」

cya********さん

2016/2/2421:03:32

本を読むのは世界を知るためですが本を読んで分かったことは、本はたくさん読めば読むほど金儲けのために書かれた本であるか、そうでない本かがわかるようになります。

たくさん読んでも読むに値する本は本当に少なく新しい本ほど金儲けのための本が多い事が分かります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる