ここから本文です

台湾は本当に親日国なのですか?

アバター

ID非公開さん

2016/2/2500:35:42

台湾は本当に親日国なのですか?

もし、親日国だとしたらなぜ親日なんですか?

閲覧数:
1,744
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kon********さん

2016/2/2903:30:49

親日国なんてどこにもないよ。
「国家に真の友人はいない」 キッシンジャー 「我が国以外は全て仮想敵国である」 チャーチル 一
その時々で都合がいい国と仲良くするだけ。

反日国はあります。
国が反日教育を行っていたり親日法(親日派と認定されると財産を没収される)がある国です。
具体的には中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mei********さん

2016/3/116:37:26

最初は中国大陸から来た人を同胞と思っていたものの、二・二八事件を始めとし、その後に始まった戒厳令という行政権・司法権の一部又は全部を軍部の権力下に置くという恐怖支配が始まった。国民党の圧政、強奪、腐敗や汚職、抵抗意識を奪うための処刑や弾圧に長い間苦しめられたから。(後の中国よりも台湾の独裁の方が激しく酷かったと言われている)

二・二八事件の時にすでに国民党への信用を失っていたけど、白色テロなどで、日本の方がいいと言うことさえ捕まってしまいできなかったので、そのできなかった、我慢していた長い期間がかえって良い方に日本統治時代の思い出を美化したのでは(その時は良いことも良くないこともあったのだろうが)。

二・二八事件を真似して文革や天安門事件を起こした中国共産党に、それが同じ血の通ってる代々受け継ぐ大陸の中華文化と国民党と同じ物を投影して、拒否反応や敏感になってしまう。
それが起こる前は、寧ろ中国に対しては(この国民党がこれまで統治していたという、同じこの苦しみを味わってきたんだという哀れみ、)同じ仲間だと味方をする同情的で(中華人民共和国に対しても)肯定的な見方が多かったそうで(最初は将来は中国みたいな国というのが台湾の目標で、中国の方を向いていた。中国を真似しようという所が強かった。)、文革以降はその中国の有様を見て、(関係していては危ない、また同様のことがこっちにも遺伝してきて繰り返されるかもしれないと、)中国とは決別で反中国、一線を引いて離れるようになって、全く方向を変えて日本の方向を目指すようになって、完全に方向転換したと言われる。(国民党の圧政が少しずつ和らいで民主化した後も、また戻りたくない、その危険な分子を排除したいからとなるべくそれに関係するものは排除を繰り返し、その代わりを埋めるために日本のものを取り入れるようになり)日本の方を向くから必然的に、日本への勢い(中国なんて駄目と、日本を見習おうとする勢力)が盛り上がった。これもまた日本の方に来ようとする勢力+反日的ではない(肯定的)なので、親日という意味に近まった部分が成長発展したと言える。

台湾と中国は戦争を起こしたことがある(中台戦争)。日本と台湾は戦争はしたことがない。台湾が日本に併合される際も国として戦ったわけではない。

戦争が起こる前の、日本が軍国主義になる前に併合されたので、まだ日本が平和だった時代に併合した。明治時代の華々しい日本の発展時期を知っている、間近で見た世代の人がいる。アジアの中で周りが植民地化されて(台湾自身もその前から植民地になったりしてる中)世界の一流の国家となって成長していく過程(飛ぶ鳥を落とす勢いの黄金時代)を同じ仲間側(日本人と同じ目線で)として(敵対せず)肯定的に見てきた故、日本統治時代の台湾人にとっても日本は憧れの的だったのでは。
また、日本が軍国主義となった後も日清日露を始めとしてその後も、他の国とは戦ったりもしていたけれど、その面は酷い面もあったかもしれないけれど、台湾とは戦ってないので敵側としての側面を見ていない。

教育や法律や学校や病院などの建物の設置、道路・水道・鉄道・電気などの整備、後の独裁国家だった中華民国と比べると法治的で民主的な政治、農業技術指導など様々な技術指導、後に台湾が発展していって取り込まれなくても自立して独立国さながらの行政や社会システムなどが機能するための礎を築くことに大きく貢献した。

国民党の恐怖政治に、その時も最初は日本人が昔のように助けてくれると期待をし日本に助けを求めたいが、日本は敗戦しアメリカの占領統治下にありそれが無理だった(日本も外の情報が入ってこないので知らなかった)。それならと次に助けを求める対象が、国民党の後ろにいるアメリカで、アメリカに助けてもらいたかったが、アメリカも国民党のいる中華民国は一応は連合国で戦争の時に同じ仲間で、しかも西側諸国の同じ陣営でもあったので、いくら酷い独裁政治を行なってるとはいえ、全く干渉することなく目を瞑っていて、注意することができず、わかっていたけど見てみぬふりをしたので、日本軍だったらあんな悪い奴をやっつけてくれるのにと、アメリカにもこの時に失望をした。
それが、結果的に、台湾人にとてはアメリカは終戦後は日本のことを盛んに取り上げてファシズムと言って非難しているけれど、ここも同じファシズムなのに注意することもなく放置してる。どっちもファシズムなら日本の方がまだ良かったし平和だった、こんなことはなかった。悪い奴を放置しているアメリカは正義ではない!やっぱり、あの戦争は日本がファシズムで悪かったんじゃないんだ!日本は悪と戦ったのであってそんなに悪くない!と日本に勝ったアメリカよりも日本を支持する傾向が強まった。

国民党の圧政を逃れてその子孫達が台湾から日本へ来たり、又文革を逃れて中国から台湾や香港(更には日本)まで逃げてきた人も多い。
そうすれば自ずと、家族や親戚に日本に住んでいる人がいる確率が結構な確率でいるようになる。戦後10年経った時点でも、無作為に一人ずつ当たれば、実際友人に日本人がいる、家族に日本と関係する人がいる、日本で仕事・留学をしたことがある等、日本と何らかの関係があるという人が、半分ぐらいの確率で当たるという日本と深く関係のある人が多い状態だったそうです。今は旅行したことがある人とかもどんどん増えてもっと増えてると思いますが。すると家族や親戚に日本に住んでいれば、必然と自分の子孫や子供だったりは可愛いし、子供が住んでいる場所が日本となると、自然と日本を贔屓することが増える傾向になるという面はあるでしょう。しかもそれが戦後からずっと続いてるとすると長く関わっていて(途中で戦争とかを挟んで揉めたりということもなく)現在まで途絶えていないことの影響も大きい。交流が途絶えていた時期でも、つながりが途絶えてなく、好意的に思う要因のある人達がかなり多くいた・居続けた(またその人達の子供も話を聞いて影響を受けて広がっていって)という点も大きいでしょう。

年配者に日本語を習ったので話せる人が多いので漢字や日本語という共通項がある。また、若い人でも日本のテレビが字幕付で放送されたりするので日本の文化などに関心を持つ人も多い。同じ言語を共有する(理解できる)という親近感の持ちやすさが親日に繋がっていると言える。

日本列島の北海道~九州の間と比べると遠いけれど、沖縄も日本であり、沖縄と近い。また、沖縄とも距離が近いので琉球時代以前のもっと古い昔から密接に付き合ってきている長い歴史がある。仮に日本の本島とは歴史は浅いとしても、沖縄との関係が深い。

国民党でも共産党中国でもなく、アメリカでもないから、他につながりがあるのは日本しかいない、で親日。反中国(大陸の歴代の台湾人にとって脅威だった風習)もあると思うけれど、アメリカでもないって所が大きい。もし、あの時国民党を正してくれたり取り締まったり監視を向けたり台湾の国民を助けていたならば、もしかしたら、親日よりももっと親米の人が増えていた可能性も大きい(日本も好きという人はそれでもいるだろうけれど)。(何だかんだ言っても実際は植民地だったのでその)台湾を解放したという点で本来ならアメリカに感謝して、親米になる可能性の方が高かったし、(更に国民党をやっつけてたらアメリカは、台湾人の多く・80%以上かもしれない人が熱愛するヒーローになってい、もしかしたら台湾人の方からアメリカの一部に望んでなりたい人が大勢いたりもしかしたらその後アメリカの一部となっていた可能性さえあったかもしれないけれど)実際は日本を頼ったり好意的というのは、そのことに対してアメリカが対応を間違ったという事が本来なら親米派になるはずだった層が日本へ流れて、(ただ植民地併合しただけちょっと色々作っただけという時の普通よりも更に多くの)親日の流れに拍車をかけたという事が大きい。

blu********さん

2016/2/2907:41:33

台湾のご年配の方に聞いた事を簡単に書きます。

元々、台湾は多くの部族があるいる多民族な国でした。それ故、教育などもなかなかまとまってなかったそうです。
日本が統治した際に、教育やインフラ整備を行ったことで言葉が統一されたり感染症が減少したりしたそうです。

もちろん、みんなが親日という訳ではなくて大陸にルーツを持つ人には日本が嫌いと感じてる人もいるそうです。

でも、日本が困った時にはすぐに手を差し伸べてくれる頼もしい国であり、日本の事を兄弟と思ってくれている人は多いです^_^

tis********さん

2016/2/2519:54:12

そうですね、あなたは、台湾の人を好きですか?
多分、これが一番の回答じゃないかと思います。

tyr********さん

2016/2/2519:39:44

例えば台湾の歴史で有名な日本人がいます。八田與一という台南で誰もが知ってる人です。この人が台湾へ来て何をやったか勉強してみれば納得いくかと思います。

nan********さん

2016/2/2518:30:12

若い人には親日が多いよ
でもね、それは韓国や中国も一緒なの!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる