ここから本文です

東芝がこれから有望な医療機器部門を売却したのは、原子力部門を温存するためです...

tha********さん

2016/3/1815:00:01

東芝がこれから有望な医療機器部門を売却したのは、原子力部門を温存するためですか?
そこには国(政府)の意向も影響しているのですか?

これから最も不採算もしくは、経営の足を引っ張りかねない原子力部門を東芝本体に残し、利益率が高く、これから最も期待できる医療機器部門を売却したのは、経営面だけから考えると明らかに不自然だと思いませんか?
株主の利益にも明らかに反していませんか?
原子力ビジネスを取り巻く環境は、フクシマの事故後一変し、採算性の点で絶望的になってきたことはもう誰の目にも明らかです。
期待されていた新興国への輸出も、中国、韓国、ロシア等の安値攻勢の前に風前の灯です。
さらに諸外国もフクシマの実例を見て、減殺納入者に事故時の全面的な責任と後処置の負担についての保証を求めるようになってきています。
東芝社内では、原子力部門出身の役員らの発言力がそれなりに大きく、アメリカの原子力大手のウエスチングハウス社をわざわざ買収して世界で唯一のBWRとPWRの両方を本格的に扱える民間企業になったという自負が大きかったのはわかりますが、もうビジネスとしての将来性は、廃炉業以外にはほぼ無いのではないでしょうか?
このような厳しい経営環境の中で、採算性や将来性が非常に有望で、世界市場の中でも欧米系などの世界の有力メーカーと互角に勝負出来てきた医療機器部門を売却するのは、経営判断として普通はあり得ないのではないかと私には思えます。
今回のような選択が行なわれた背景には、原子力発電存続を強く打ち出した安倍自民党政権の意向が強く働いているのでしょうか?
政権の意向で、東芝の運命も株主の利益も暗い物になってしまったのでしょうか?

閲覧数:
288
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rar********さん

2016/3/1816:35:12

原子力部門は機密事項や規制が多すぎて
簡単に売り買いできるわけないだろ

そんな技術が北朝鮮とかイスラエルとかに
流れたらどうするよ?
ちょっと考えれば分かるだろ?

安倍批判したいやつは
なんでも結びつけるからな〜

すぐに買い手が付くような医療機器を売却するのは
今すぐ莫大な資金が必要だから苦渋の選択だろ
それだけ切羽詰まってるってことだ
シャープは会社ごと身売りしたしな

  • 質問者

    tha********さん

    2016/3/1817:10:55

    大金はたいて買収したウエスチングハウス車は、世界の交流発送電事業のパイオニアで、鉄道用空気指令ブレーキでも最先端の会社でしたが、日本の東芝に買収された時は、すでに満身創痍のボロボロの原子力企業になり下がっていたのですかね?
    本当に日本はまだまだM&Aやマーケティングがダメですね。
    東芝は、単にババを掴まされただけに終わるようですね。
    これから、フランスの国策原子力企業のアレバのようになっていくのでしょうか?
    もう一本の収益の柱として残した半導体部門も、かなりヤバいらしいですね。
    でも、パンドラの箱のようなウエスチングハウス込みでは、どこも東芝全体を買ってはくれないでしょうね。
    白物家電部門も中国企業に売却決定ですかね?
    日本も大手電機メーカーの大撤退時代に突入ですか?

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる