ここから本文です

投資に簿記の知識はどれほど有効ですか?

chi********さん

2016/3/1412:59:28

投資に簿記の知識はどれほど有効ですか?

株式投資における企業のファンダメンタル分析について、会計知識を持っていることで、より一層理解が深まり、分析精度があがると考えています。

そこで会計関連の資格を保有されている方へ以下についてご意見を伺いたいです。

①保有資格はなんですか?
②保有資格の知識(または学習)は、投資判断等に役立っていますか?あまり役立つ実感はありませんか?
③仮に、日商簿記1級の資格知識がある人と3級の資格知識のある人を比較した場合、判断に大きな差が出ると思いますか?


個人的な見解で構いません。よろしくおねがいします。
(今回は会計知識に絞って伺いたいので、DCF法等その他の分析知識については脇に置いてご回答いただけると幸いです)

閲覧数:
4,639
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/3/1423:00:34

①簿記一級
元々会計士を目指していたのですが、会計士になると投資が自由にできない事や監査論が面白くなかったために止めましたが、財務、管理会計、経営学等、ビジネスで応用が聞きそうな科目は一通りやりました。

②役立っている
財務諸表を読むときに基本的に分からない内容は無いので、得だとは思います。ただ、会計数値はそれこそ業種によってその特殊性があり、会計知識がそのまま投資に活かせるわけではないです。日本語が読めるようになったからといって、読解力が誰にでもあるわけではないのと同じです。

③人によりけり
個人的な意見としては、一級を取得した自分と三級を取得した自分との最大の違いは、財務数値というもの信用するかどうかだと思っています。三級を取得した頃の自分は、ルール通りの仕訳を切るのが精いっぱいでしたが、一級を取得した私は、何故その数値を出したのか、その根拠について考えをめぐらすようになりました。
会計というのは、それこそ不確定な内容を多分に含んでいます。商品の評価損や、減損処理、のれんの評価など、個別の内容を突き詰めれば突き詰めるほど、本当にその数字が正しいのか、疑わしくなります。さらには、投資家が確認しようのない粉飾なども思いつきます。(勿論、それを防ぐために会計士がいるのですが)
しかし、よほど悪質な粉飾をしない限りは疑いを持って財務諸表を見ればその勘定の性質や会計処理の内容から起こりうるリスクは見破れます。財務諸表に怖気づかずに読み通せるというのは、強味だと思います。

他の回答者様がバフェットについて言及されているので、バフェットファンの私も言及します。
投資の神様と謳われるバフェットの師匠、ベンジャミングレアムは定量分析と言われる分析方法で知られています。これは財務諸表の数字を解散価値(もしこの会社が清算されたら、手元にいくら残るのか)を算出し、それよりも安い株価で購入すれば、確実に儲かるという手法です。言ってみれば財務諸表分析の究極です。若き日のバフェットはこれに傾倒しましたが、バフェットはこれを応用して考え、数値に現れない価値に着目しました。
師であるベンジャミングレアムでは絶対に買わなかったような、解散価値より遥かに高い値段で企業を買って、その企業はそれ以上の成長を見せたのです。
ベンジャミングレアムは「価値あるものをそれより安い価格で購入すること」と簡潔に述べていますが、バフェットはその価値の定義を財務諸表上の数値ではなく、その企業の稼ぎ出す利益の総量としてとらえました。これは財務諸表を読んでいても絶対分からない事です。
ただ、その企業の財務状態は、その企業がどれだけ効率的な経営をしているかなどを知るためには不可欠だと思います。実際バフェットはその企業のどの数字を聞いても即答できるほど、財務諸表を読み込むようです。元々バフェットは数字に関しては天才的だったようですが、彼の成功は財務諸表の数字を抜きにして語る事はできないと思います。

  • 質問者

    chi********さん

    2016/3/1708:01:30

    貴重なご意見ありがとうございます。
    会計士は投資に制限がかかるのですね、知りませんでした。
    表面的な数値に留まらず、その理由を考えられるようになる、ということですね。
    とても参考になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/3/20 14:38:46

貴重なご意見を聞かせてくださったのでBAとさせていただきます

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2016/3/1520:21:26

株式投資に簿記の知識、会計の知識が必要なのか?

まあ、無いよりはあった方がベターですが・・・・あったからと言って投資に成功する確率が高いとは言えません。

会計知識で投資が有利になるなら、公認会計士は皆さんお金持ちになりますが、そんな事例は見たことがありませんね。

簿記や会計は過去の企業活動の成果物です。

しかし、株価と言うのは将来(1年先)の企業の業績を反映するものです。

過去の業績を反映するものではないのです。

従って、株式投資で必要なのは、企業の先行きを見通す「目利き」なのです。

http://toyokeizai.net/articles/-/46959

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sgt********さん

編集あり2016/3/1520:18:04

はじめまして、

私も若い頃、簿記3級を、所得致しました。

失礼ながら、株の取引きに簿記の資格は、ほとんど関係ございません。

本当に株式を、される気が有るのであれば、株の本を沢山買って、死ぬほど勉強して絶対負けない投資家に、なってくださいませ。

地獄を見ないために…。

御成功を、お祈り致します。

それでは、
失礼致します!
m(_ _)m

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cmd********さん

2016/3/1417:19:29

①簿記二級、証券アナリスト一次(財務分析)
②特に意味なし
③差はなし

まず、簿記のような細かい仕分けはしないので、そういう知識はほとんど不要です。どうせ細かく出されたとしても中身がどうなっているかなんてわかりません。一応財務分析がしたければ、安い財務分析入門書を読む程度で大丈夫です。そうすれば、CF計算書の大まかな見方は載っているし、一応の企業の分析は可能です。

細かい仕分けを手に入れて精度を上げたとしても、株価は所詮来年の利益を予想しないと意味が無いです。来年の利益の予想のブレが大きい以上少々の分析の精度は無視して良いです。もしも、精度を上げて意味があるとしたらすでに終わった決算の利益を元に色々計算することでしょうが、それでは何の意味もありません。

そういう意味で、投資のために資格を取るのは時間の無駄遣いだと思います。それで儲けた人を見たことが無いのです。尚、バフェット等はもうけてるじゃないかと思われるかもしれませんが、アメリカはここ20年で株価が10倍になっているので、財務分析とバフェットの成績に関係はありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる