ここから本文です

抵当権と物上代位について

yuu********さん

2016/3/1421:06:38

抵当権と物上代位について

抵当権が設定されていた建物が火災により滅失した場合、抵当権者は、債務者が受けるべき金銭を受け取ることができるはずです。
この場合、物上代位権を行使するには、被担保債権の弁済期が到来きていなければならないのでしょうか?
解答よろしくお願いします。

閲覧数:
103
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2016/3/1421:32:07

抵当権の設定されてる不動産が第三者の放火により消失してしまった
というような場合に、弁済期が未到来だから
火災保険金などに物上代位できないという規定はないです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2016/3/1421:49:00

通常は抵当権設定契約に失期条項を入れておきます。
担保物が滅失、損壊した場合の失期条項です。

それと同時に火災保険金請求権に質権を設定させます。

というのも、物上代位も抵当権の実行行為なので、被担保債権の弁済期未到来では行使できるかできないかが曖昧だからです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる