ここから本文です

増幅回路の等価回路で信号ラインに対して電源やグランドの間に入っている抵抗を同...

アバター

ID非公開さん

2016/3/1619:19:33

増幅回路の等価回路で信号ラインに対して電源やグランドの間に入っている抵抗を同様に考え並列合成抵抗に考えるのはなぜですか?

補足ご回答ありがとうございます。難しいです。これ以上優しく教えていただけませんか。

閲覧数:
61
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/3/1708:40:28

小信号等価回路では、電源とGNDは信号で動かない点ということで、同一視されるからです。

  • 2016/3/1714:44:45

    小信号等価回路では、バイアス電流や電圧の増減分だけを問題にします。
    つまり、バイアス点からのづれ、
    ⊿v、⊿iを変数とします。
    そして、電圧が動かない点をGNDとします。
    だから、電源もGNDとなります。

    これをわかりやすく説明します。
    下図を考える。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/3/17 17:45:07

丁寧親切なご説明ありがとうございます。難しいですが考え方はわかりました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kfc********さん

2016/3/1700:23:47

直流電源の内部抵抗は 0です。
従って、
交流分(信号)については、電源ラインとグランドはつながっています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる