ここから本文です

諱に使われる「綱」の字について。 特に武士の諱に「綱」の字が使われる事が多い...

泰平の逸民さん

2016/3/1815:38:11

諱に使われる「綱」の字について。
特に武士の諱に「綱」の字が使われる事が多いと感じます。北条綱成、徳川家綱やその偏諱を受けた者など。
ただこの文字は特に良い意味とは思えません。

綱とは固い絆とかを意味しているのでしょうか?頼とか義とかなら字義も佳い字なので多く使われるのも分かるのですが。
また綱を使った諱の高名な人物はいるのでしょうか。渡辺綱くらいしか思い当たりません(そんな大物ではないですね)。源頼光や源義家を意識して、頼、光、義、家、といった文字が使われるのは分かります。実際これらの文字の諱の武将は多いです。

〇諱の綱の文字はどういった字義を意識しての物でしょうか?
〇古代や中世初期に綱の字の諱を持った、範となる様な人物がいたのでしょうか?

閲覧数:
395
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

che********さん

2016/3/1816:37:33

「綱」の字を使った名前が多いのは、たしかに武士のようですね。
源平の争乱のころには、以下のような名前の武士がいました。

佐々木盛綱、多田行綱、源仲綱・・・

貴族では、藤原道長の弟の道綱が挙げられますね。
なぜ「綱」が武士に好まれるのかは定かではありませんが、しいて言えば響きがいいからではないでしょうか?
「綱」(つな)と共通の響きを持っている字は「経」(つね)、「常」(つね)、「連」(つら)、「継」(つぐ)などが挙げられますが、いずれも武士がよく使う漢字です。
でも、こうした諱に使われる字には、あまり深い意味はこめられていないように見受けられます。
もちろん、源氏の通り字としての「頼、光、義、家」や平家の「盛」、織田家の「信」、徳川家の「家」など、範となる様な家祖の諱を代々継承する例はあります。
しかし、個々の「信」とか「家」という字も、すべてが深い意味が込めらているわけではないと思います。
やはり名づけた人の好みとか、響きのよさで決められるのでないでしょうか?

  • 質問者

    泰平の逸民さん

    2016/3/1817:43:40

    ご回答ありがとうございます。教えていただいた名前で多田行綱は思い出しましたが、他の名前は知りませんでした。
    取り合えずwikipediaでチェックしましたが、藤原道綱なんて人物がいたのですね。
    おっしゃるように、音の響きというのも名づけで重要な事かもしれません。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/3/19 23:25:07

お二方とも御回答ありがとうございます。
大変勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

usai21さん

2016/3/1823:08:55

「綱」は信、義、忠のような徳目に類するものです。
綱は単純にロープを意味するだけでなく「守るべき根本的事柄」を意味します。

現在でも大綱や要綱、綱領のような使い方をしますよね。
ここでの綱はロープのことを意味しているわけではありません。

漢代の儒書『白虎通義』には三綱五常という言葉がありますが、この三綱とは主君と臣下、父親と子、夫と妻の間の道徳のことです。

綱の字は摂津源氏に多いような気がしますが、普遍的な概念の文字でもあるので特定の氏族の通字というわけでもないですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる