ここから本文です

私は一般社団法人の会計(初心者)を担当しています。会計を公益事業と収益事業に...

kit********さん

2016/4/520:12:08

私は一般社団法人の会計(初心者)を担当しています。会計を公益事業と収益事業に分けています。今回収益事業で税引前利益で299,076円でたので、公益事業に700,000円寄付しました。

その結果税引前利益は-400,924円になりました。一般社団法人は寄付金は殆ど損金算入が認められません。所得の1.25%です。税務計算を行おうとした処、別表14の2(寄付金算入明細書)で、NO.8で別表4の25の1を入力することになっています。しかし、別表4の1は当期利益です。当期利益というのは、決算書の最終の当期利益です。最終の当期利益は税務計算をして租税公課(払い法人税等)を損金経理した後です。税務計算で寄付金の損金不算入額がどうしてわかるのでしょうか。堂々巡りのような感じがするのですが。別表4の1の当期利益はどのような金額でしょうか。うまく説明できませんが、よろしくお願いします。

補足補足 別表4の1の当期利益から納税充当金を加算するのなら、税金の計算が終わっているはずですが、寄付金の損金不算入額の算出方法がわからないと税金の計算ができません。堂々巡りでしょうか。よろしくお願いします。

この質問は、60代の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
678
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lum********さん

2016/4/522:04:24

当期利益は税引前当期利益から「法人税等」を差し引いた金額です。この法人税等は昔の納税充当金であり、別表四で加算して税引前の金額に修正されますから、法人税等がいくらになろうと結果は同じです。
税効果会計を採用したりしていれば項目的には複雑になりますが基本的には同じです。堂々巡りにはなりません。

  • lum********さん

    2016/4/522:44:45

    法人税等がいくらになろうと結果は同じなので、ひとまず法人税等を0(税引前当期利益=当期利益、納税充当金=0)として計算し、正確な税額を計算後、法人税等を繰り入れて別表四の当期利益と納税充当金を訂正すればいいということです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/4/6 14:02:09

 早速、税務計算を、税引前利益にとりあえず全額70万円加算し、未払法人税をだし、損金経理し税引後利益で、別表4に入力し、仮計25を別表14に入力して、寄付金の損金不算入額をだし、それで再度税務計算をして、また、未払法人税をだして、損金経理して、税引後利益で、別表4に入力すると、所得金額が同じになりました。ありがとうございました。助かりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる