ここから本文です

飲酒運転による悲惨な事故を防ぐために更に罰則を強化して死刑か無期懲役とする案...

ita********さん

2016/4/1118:59:24

飲酒運転による悲惨な事故を防ぐために更に罰則を強化して死刑か無期懲役とする案はどうですか?飲酒運転は人殺し行為と同じなので死刑か無期懲役という極めて重い罰則があっても良いと思います。

補足初犯や飲酒量関係なくアルコール検査で少しでもアルコール反応があったら死刑か無期懲役の処分とします。

閲覧数:
101
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ich********さん

2016/4/1311:53:40

「死刑か無期懲役」に、掛かるコストに国民の同意が得られません。

http://q.hatena.ne.jp/1330765395

>法務省矯正局によると、死刑確定者だけの収監費用は出していないが、死刑確定者や懲役受刑者などを含む、すべての被収容者の1日当たりの収監費用は1452円で、年間で約53万円。これをもとに、死刑確定者120人分の総収監費用を単純計算すると、年間約6360万円となる。死刑確定者の場合、刑務作業などは一切なく、食事代や部屋代、被服費、水道光熱費、医療費も無料で、国民の税金で支払われている。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7221297.html

>現職の裁判官の団体「日本裁判官ネットワーク」によれば平成20年の既決囚は6万7000人。未決囚を含めれば8万人ほどで、単純に計算すれば1人当たりの収容コストは年間285万円、月間24万円。

>その他にも、裁判所のコスト、検察のコスト、公共弁護士(国選弁護人)のコスト、政府の刑務部門のコストがあり、そのコストはかなり広範囲に及びます。なので正確にコストを計算するのは不可能です。

> 全部税金です。国民から徴収されています。
死刑執行自体のの費用はどうなのでしょうね?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rig********さん

2016/4/1422:16:19

思うだけなら、自由です。

hei********さん

2016/4/1223:49:45

確かに法律を厳しくする議論もありますが、物理的に飲酒運転ができないようにすればいいのだと思います。

今は、技術的に可能だと思うので、車の鍵にアルコール検知機能を義務化し、アルコールが検出されなければ、エンジンがかけられないようにします。

新車は義務化、中古車も2000年以降の登録車からは2年程度の経過措置を経て義務化。抑止効果はあると思います。

his********さん

2016/4/1119:22:18

今現在の酒気帯びに関する数値は、かなり厳しいです。

酒粕を使った漬物なら、2枚食べれば引っ掛かりますし、栄養ドリンク3本飲んでも、体質によっては引っ掛かります。

あまり関係ありませんが、世界的に見てもTOP5に入る厳しさです。

法律は十分厳しいのに、悲惨な事故が減らないのは、取り締まりが甘いからです。

繁華街等での検問や取り締まりを、年間でどのくらい見ますか?

身内の事例ですが、前日の夜10時まで家で酒を飲み、就寝し、朝7時に車で出勤したところ、飲酒取り締まりの検問があり、酒粕の漬物2枚の数値で酒気帯びとして検挙され、免許取り消しになり、会社を解雇されました。

朝の取り締まりも意味不明ですが、このような話がもっとあれば、死刑や極刑じゃなくても減ると思います。

asu********さん

2016/4/1119:17:09

普通に人を殺しても、死刑や無期になら無い場合があるのに、酒を飲んで運転しただけで、死刑や無期ですか?

馬鹿ですか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる