ここから本文です

長時間立っていると、時々、胸の辺りが痛苦しい感じがしてきます。 以前、長年...

アバター

ID非公開さん

2016/4/1200:59:21

長時間立っていると、時々、胸の辺りが痛苦しい感じがしてきます。

以前、長年立ち仕事をしていたときも、そうなる事が度々ありましたが、二年半前に退職する際には、その症状が酷くなり、肺

に穴でも開いているかのような苦しみに陥りました。
さすがに肉体労働には差し支え、苦しそうにしている所を上司にみつかり、休憩を促されましたが、三十分程してなんとか立ち上がったものの、翌朝は布団から身動きが取れず、仕事を休まざるを得なくなりました。
それでもトイレや食事等の為になんとか数センチずつゆっくり動いて移動しようとしましたが、全く予測のつかないタイミングで、右脇腹のあたりに、ナイフでえぐられるような激痛がはしり、意識が遠退くその度に死を覚悟しました。

救急車を呼んだところで、自力で玄関まで辿り着けそうにありませんでしたし、日にちをかけて軽快するのを待ちました。
数日後、自力で病院まで行けるようになり精査を受けましたが、結局どこにも異常はなく、ストレスだろうといわれ、ストレスが原因で肺に穴が開いているような死ぬほどの痛みがでるなんて事例があるのかと質問しましたが、結局あるのかないのか曖昧な返答しか帰ってきませんでした。

以来、ずっと自宅で貯金を切り崩す生活をしていて、毎日座っている時間が多くなりましたので、あの痛みは忘れてましたが、たまに料理や掃除等で長時間立ちっぱなしになると、途端にあの胸の痛苦しい感じに襲われ、座って休憩しても暫くの間痛み続けます。

退職時の激痛程には至りませんが(無理な労働を強いられない為)、以前はいつもの事と気に止めていなかった事が大事に悪化した経験から、この痛みが出始めるととても不安にかられます。

心臓はいつも雑音があるとは言われますが、日常に支障がなければ気にしなくて良いと言われたので精査したことはありません。
腎臓は、過去に過労から二度、腎宇炎になった事があり、また遊走腎であり、長時間寝ていると腎臓が痛くなりますが、それ以外は正常です。
退職時の病院の検査では、その他臓器に特に異常はないと言われました。


自分の感覚としてはやはり肺の痛みのように感じますが、立ちっぱなしであることで肺に何らかの負担がかかる可能性はあるのでしょうか?

あるいは、心臓の循環に問題がある事で、こなのような症状が出るという事はあるのでしょうか?

心臓の検査は数秒程度の心電図をとったことがあるだけで、異常が出たことはありませんが、昔はストレスのせいか、明らかな不整脈が時々出ていました。
1拍ずつが大きくドクンと脈打つのと同時に血管が痛んだり、そうかと思えば脈が止まったり(飛んだり)、心臓痛は日常茶飯事でした。
いつもの心臓痛は左胸の辺りがズキズキしますが、胸の痛苦しい感じは、みぞおち辺りを中心に肺の辺り全体(肩甲骨の方まで)痛みが胸部の全体的に広がります。

不整脈や心臓痛等は現在は自宅でゆっくりしているので殆ど発症しません。

胃腸は元々弱いのですが、消化器が影響しているとは思えない痛みです。

閲覧数:
1,974
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2016/4/1201:18:33

大学病院、特に難病を見てくれるドクターを探してみて下さい。その経験を本にしたらどうでしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bfq********さん

2016/4/1801:22:09

一般的に、内科的に問題ない前提で下記、回答します。

長時間立ってると、胸が痛苦しかったり、寝てて立ち上がった時に意識が飛びそうになったりするのは、やはりストレスです。

これは、起立性調整障害と言って、血圧の調整が上手くいってないからです。

立ってると、血は足に行きますが
その血を心臓に戻すのは、自律神経と筋肉です。
ストレスにより、自律神経が乱れてると、血圧の調整が狂います。

特に、女性だと生理になると更に血流が悪化しますので、症状が酷くなります。

起立性調整障害の診断は、耳鼻科になるので、良ければ受診してみて下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

men********さん

2016/4/1717:32:04

しばらく背中のストレッチをしませんか?


体の歪みに注目してみてください。
整形外科では側弯症のレベルにならないとコメントもしてくれないイメージですが、、


鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。
あと、肩の前傾ですね。

「首こり、肩こり、腰痛の原因は首や肩、腰ではない」これが私の経験から導きだした結論です。

肩甲骨の違和感や両肩の高さの違いはないでしょうか?
肩甲骨の違和感は日常生活では首肩よりも感じ難いですが、例えば、ゴルフボールを背中と床に挟んで仰向けで寝たとき、痛かったりくすぐったくて寝ていられないような感じと解釈しています。

慢性的な首こり、肩こりに悩んで、マッサージやカイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。
背中だったのです。
厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。

ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。

この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。

治った他の症状を挙げますね。

・顎関節症
・顔面と後頭部の痺れ
・顔面の歪みによる笑いにくさ
・唇が歪むような喋りにくさ
・下唇のピクピク(片側に集中)
・飲み込み辛さ
・喉が押されたような苦しさ
・歯ぎしり
・日中のかみ締め
・食事中の片顎で食べる癖
・首こり
・肩こり
・腰痛
・立っていても座っていてもフラフラする感じ
・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ
・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害
・息苦しさ
・不安感
・人と対面したときの著しい緊張感の高まり
・緊張したときの異常な口の渇き
・心臓辺りの痛み
・わき腹の痛み
・目のクマ
・眼精疲労
・ドライアイ
・瞼のピクピク(片目に集中)
・頭痛
・食後の弱い吐き気
・集中力の低下
・記憶力の低下
・思考力の低下
・偏頭痛
・めまい



原因は「胸椎、肋椎関節の歪み、旋回」だったと推察しています。
整形外科では「問題なし」と言われていましたが、よく考えれば右肩が明らかに上がっていましたし、何が「問題なし」だったのか本当に疑問です。
本当に彼らはこの問題に真剣に取り組んで欲しいと思います。

「こんなとこなんで問題になるの?」

とお考えかもしれませんが、これは現代人なら誰でも問題になる可能性がある内容だと考えています。
問題は「腕の上げすぎ」です。
日々、パソコンやスマホを持って操作すると腕や肩が疲れると思いますが、この胸椎付近もテンションがかかり、疲労が蓄積されやすいとみています。
ただ、この付近は肩や首などと違い「コリ」を感じにくいため、慢性化してこれを放置することで歪みや旋回が生じると推察しています。
また、残念ながらこの問題は整形外科では気づいてもらえないようです。
治せないから「問題ない」のかレントゲンの検出限界で「問題ない」のかは分かりません。


では根本原因をどう治すかですが、自宅でストレッチです。

特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。


まずは背中のストレッチを進めてみてください。


やって良かったストレッチをまとめていますので、参考までにお読みください。

・慢性的な首こりの原因と首こり解消法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275898


・猫背の本当の原因とは
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n275815


・自律神経失調症の原因
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n259331

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる