ここから本文です

国の理念として、民主主義、共産主義、どちらがより国民側のシステムなのでしょう...

tsu********さん

2008/4/722:03:59

国の理念として、民主主義、共産主義、どちらがより国民側のシステムなのでしょうか?

閲覧数:
260
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kis********さん

2008/4/723:33:05

keizer1118さんの言うとおり経済体制と政治体制ですから必ずしも比較できませんが
国民側のシステムというのであれば民主主義も共産主義もどちらも国民側のシステムといえるでしょう
ただ、民主主義は国民のためのシステムといえますが、必ずしも国民のためになるとは限りません
政治家は腐敗しますし、民主主義の担い手たる市民もまた腐敗しますからね
一方、共産主義も国民のためのシステムといえますが、砂上のにすぎません
思想としてはおもしろいかもしれませんが、思想上でしか存在できない悲しい産物です
故に、共産主義社会を目指した社会主義国家は人民のために存在するにも関わらず、人民の敵ともいえる体制になりました

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kos********さん

編集あり2008/4/800:05:50

既にご指摘の通りなのですが、共産主義・資本主義という体制は経済分野のことを指しています。

ただ、現在の先進諸国の多くは、資本主義という経済システムであると同時に、民主主義というものであるため、よく誤解されますけどね^^;。

因みに、共産主義と社会主義は、別概念ですのでご注意ください。

その事に関しては、マルクスという学者が興味深い見解をしているので、もしよろしければ彼の考え方について調べてみると面白いと思いますよ。(「資本論」という彼の著書に詳しく考察されています。内容難しいですけど^^;)

今では、共産主義自体イデオロギーとして、力を失ってしまっているのですが、一昔前の経済学(マルクス経済学)等を学んだ方々も、大学の教授などの中にはたくさんいらっしゃいますし^^。

どっちが国民側のシステムなのかという事は、「はっきりとどちらだ」という事は出来ないと思いますよ^^。どちらにも、システムとしての欠陥はありますからね^^。(最も、どちらか一方を選択するならば、共産主義の世の中より、資本主義の世の中を選びますけどね^^;)

ただ、資本主義と共産主義のイデオロギー対立の中で、「どちらが悪い!」と断罪する事は不毛であると思いますけど、戦後世界の冷戦や世界各地で起こった戦争等の中で、この二つのイデオロギーが利用されてきたという事は踏まえるべきであると思います。

因みに、現在では殆ど意味を成さなくなってしまったかもしれませんが、マルクス自身は、これからの動きを、「資本論」の中で、「資本主義」(これ自身完全否定しているわけでなく、社会の生産性を高める有効な方策と捕らえていました)→「共産主義」(生産性を持たない資本家から労働者階級に中心が移っていく)という事で、経済システムは、最終的に「共産主義」に移行するという理論を唱えました。

マルクス自身が、現在でも存命だったとしたら今の「資本主義」自体も、未だ社会が成熟していない結果であり、最終的には「共産主義」になる!って言うのかもしれませんが…。

彼の理論自体は、悪く言う人達にとって見れば、「古臭い、論理的に整合性の取れていないもの」とされる方もいらっしゃるかもしれませんが、それなりに考察されているので、良かったら一読してみてください。

もし、「購入までは・・・」とお考えならば、大抵の大きな図書館には、置いてあるはずなので、読んでみてくださいww。

kei********さん

2008/4/722:13:20

民主主義は政治体制で
共産主義は経済体制で比較対象にはなりませんが
民主主義に決まっています。

共産主義はいずれも悲惨な結果を生んでいます。
史上最悪とも言える経済体制ですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる