ここから本文です

母親のことを「お袋さん」といいますが、この語源を教えてください。

tik********さん

2008/4/916:57:59

母親のことを「お袋さん」といいますが、この語源を教えてください。

閲覧数:
9,029
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

編集あり2008/4/917:20:39

『江戸語の辞典(講談社学術文庫)』では、語源・由来が定かでないとされているものの、 『暮らしのことば語源辞典(山口佳紀編)講談社』によれば、「ふくろ」「おふくろ」は、子宮又は胞衣(えな)=胎盤を意味する言葉であることに由来すると説明されています。他には「懐(ふところ)」から転じた説も有る旨が記されています。

又、現在では主に成人男性が母親を親しみを込めて呼ぶ時に用いる言葉とするのが一般的ですが、カトリック修道会イエズス会の宣教師達が日本語を習得する等の目的で三万語余りを編集した『日葡辞典(1603年刊行)』の「おふくろ」の項目では、母親の呼称で主に女性が用い少なからず男性も用いると解説されている様子です。

又、WEBサイトでは「小袋(こぶくろ)=胎児の宿る器官」・「女性は体内に幾つもの袋を持っていて、それで袋を持つ人という意味」説、「一家の財産を入れた袋を持つ人の意味」説、「母親が持つ生活の知恵が詰まった知恵袋」説などと説明されています。中には鎌倉時代の尼将軍北条政子が御袋様と呼ばれた事を取り上げて、当時は特定の身分の者に限定的につかわれた呼称であったと説明されるサイトもあります
http://gogen-allguide.com/o/ofukuro.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ain********さん

2008/4/1014:54:27

おふくろは、室町時代から見られる語。
おふくろの「お」は接頭語で、母親は金銭や貴重品を袋に入れ全ての管理をしていたことから、「ふくろ」「おふくろ」と
呼ばれるようになったとする説。
胎盤や卵膜などの胞衣(えな)や子宮を「ふくろ」と呼んでいたことから、母親そのものを「ふくろ」「おふくろ」と
呼ぶようになったとする説。
子供は母親の懐で育つため、「ふところ」が詰まって「ふくろ」となり、「おふくろに」なったとする説があるが、
正確な語源は未詳。
現代では主に男性が「おふくろ」という語を用いるが、1603年『日葡辞書』の説明では、女性が普通用いる言葉だが
男性も用いる言葉とされている。
http://gogen-allguide.com/o/ofukuro.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる