ここから本文です

もしものストーリーを書きますのですが ナレーション「有る日の事。」 鑑純一郎...

hec********さん

2016/4/2021:39:06

もしものストーリーを書きますのですが
ナレーション「有る日の事。」
鑑純一郎(電波教師)「ああ退屈だな。」
ナレーション「彼の名は電波教師の主人公の鑑純一郎。

今回のこのもしもの主人公こそが電波教師の主人公の鑑純一郎で有る。因みにYDはやりたい事しか出来無い病の略で有る。有る日の鑑純一郎は柊学園の屋上で昼寝をしていたらあっと驚いた嫌な騒動に巻き込まれてしまう事にとなる。気付かぬ内には、」
クレア・ハーヴェイ(ハンドレッド)「見付けましたわ。このリトルガーデンの教育実習生となる鑑純一郎。」
ナレーション「何、何故リトルガーデンが柊学園に!?」
鑑純一郎「う?え、ええ!?な、何なんだ!?あ、あの浮いている建物は!?」
エリカ・キャンドル(ハンドレッド)「今です。クレア様。」
クレア・ハーヴェイ「逃がしませんわよ。鑑純一郎!!」
鑑純一郎「う、うわああああ!!!」
桃園マキナ(電波教師)「な、何が起こったの!?て、何コレ!!!」
鑑純音(電波教師)「あ、兄い!!!」
鑑純一郎「助けて!!!」
鑑純音「兄い!!!」
ナレーション「数分後。」
鑑純一郎「ううん。」
クレア・ハーヴェイ「気が付きましたの?鑑純一郎。」
鑑純一郎「キ、綺麗なお方。」
クレア・ハーヴェイ「何、何所触っていますの!?胸何て如月ハヤトに触られた事が1度も有りましたのに!!!」
鑑純一郎「そ、その声は蔵持円と声が似ている。」
クレア・ハーヴェイ「て、誰ですの?蔵持円って、」
鑑純一郎「確か中の人はM・A・O(市道真央)らしいって、お前はハンドレッドのクレア・ハーヴェイか!?」
クレア・ハーヴェイ「て、誰が「お前」何ですの!?て何で私の名前を知っていますの!?しかも中の人まで」
鑑純一郎「ハンドレッドと言うアニメを観てるからって、君こそ何故俺の名前を?」
クレア・ハーヴェイ「電波教師を見ていたらあなたをこのリトルガーデンの教育実習生として前から考えていましたからなんですのですわ。」
鑑純一郎「赤い耳飾りは素敵ですね。」
クレア・ハーヴェイ「赤い耳飾りだけは認めますわ。」
鑑純一郎「そ、そうですか。て、柊学園に帰して下さいよ。妹の純音も心配をしているし。」
クレア・ハーヴェイ「ダメですわ!!せっかくのこのリトルガーデンの教育実習生になる時が来ましたのですし。って、あなたも妹がいますわね。如月ハヤトも妹がいますけど如月ハヤトの妹は身体が弱くて」
鑑純一郎「俺の妹は豪そうなんだし。」
ナレーション「数分後。」
クレア・ハーヴェイ「このリトルガーデンに教育実習生が来ました。」
如月ハヤト(ハンドレッド)「あ、あの人は、」
鑑純一郎「電波教師の鑑純一郎です。」
如月ハヤト「て、艦長、どうして電波教師の鑑純一郎を乗せたのですか!?」
クレア・ハーヴェイ「如月ハヤト、何を言うのですの?私は先程鑑純一郎に胸を触られた事が有りましたのに。」
エミリア・ハーミット(ハンドレッド)「胸を2度も触ったからには」
クレア・ハーヴェイ「エミリア・ハーミット、あなたは私を逆らうつもりなんですの?」
シャーロット・ディマンディウス(ハンドレッド)「飛んでも無いイケメンが出て来ましたよな。」
ナレーション「一方その頃の柊学園では」
柊暦(電波教師)「鏡純一郎がリトルガーデンに連れさらわれてしまったのですか。」
桃園マキナ「は、はい。」
鑑純音「兄いは私達が助け無いと。」
柊暦「あのクレア・ハーヴェイには許されませんわ。私の永遠のライバルなんですのですし。」
生徒「ホ、ホント何ですか!?」
柊暦「昔から会っていますのですし。」
荒木光太郎(電波教師)「それは大変なんですよね。鏡先生は。」
天上院騎咲(田中さち子)(電波教師)「フフフ、そう簡単には助ける事がは出来ませんよね。」
桃園マキナ「さち子、って、何故黒いゴスロリ何か着て?」
天上院騎咲「フフフ、漫画を描くにはコレが無いとキリが無いしね。」
桃園マキナ「お前」
荒木光太郎「喧嘩(ケンカ)をし無いで下さいよ。」
柊暦「リトルガーデンに侵入をするには先ず鑑純一郎に電話をし無いと。」
荒木光太郎「そ、それは無理じゃ無いのですか?」
柊暦「し無いと分かりませんのですわ。」
ナレーション「そして電話がつながった。しかもスマホで。」
鑑純一郎「もしもし、」
鑑純音「兄い!!!」
鑑純一郎「純音!!!あ、ああ!!!」
クレア・ハーヴェイ「何電話をしていますの?今のあなたには電話は禁止をされていますわ。久し振りですわね。柊暦。」
柊暦「クレア・ハーヴェイ、鑑純一郎を助ける為には私達はリトルガーデンに乗り込む事にしますわ。」
クレア・ハーヴェイ「何を言っていますの?それは無理ですわ。」
桃園マキナ「何ですって!?鏡先生を帰すまでには許す分けには行か無いわよ。同じ生徒会長として。」
クレア・ハーヴェイ「望む所ですわ。同じ生徒会長でも。」
桃園マキナ「覚悟をしなさいよ、クレア・ハーヴェイ!!!」

補足自分が書いたもしものストーリーの評価はどうでしょうか?評価が低くてもコレは第1話なんですのですが小説名は『電波教師 リトルガーデンに連れさらわれてしまった鑑純一郎』で有りますのですが電波教師とハンドレッドの両作品を観ていた人で有ったら評価が低くても皆さんに第2話を書いたらなあとベストアンサー入り後にリクエストをしますのですが取り敢えず評価はどうですか?教えて下さい。

閲覧数:
120
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hec********さん

2016/4/2711:10:54

凄いのですよね。。。

「鏡 鑑」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sag********さん

2016/4/2408:20:50

妄想吐き出して評価してくださいとか感想下さいって場所じゃない
規約違反

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる