ここから本文です

歌を上手く歌えるようになるために、自主的にできる練習とかありますか?

アバター

ID非公開さん

2016/4/2022:54:03

歌を上手く歌えるようになるために、自主的にできる練習とかありますか?

発声練習などは自分で行うと、間違った方法でやってしまうことがあり、喉を潰してしまう可能性があるそうなのです。

ですので、発声練習はちゃんとしたミュージックスクールに通いやろうと思っています。

個人的に、喉を潰すなどの危険がない、自主的にできる練習はありますか?

教えてください

閲覧数:
1,695
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/4/2314:05:59

ヒトカラなど周囲を気にしなくていい環境で課題曲を歌う前に、以下のウォーミングアップをしてみてください。

1.リップロール;高い声を出すのに必要な腹式ができて喉が開いていないとできないので効果的です。
https://www.youtube.com/watch?v=I273WWZYp2c

唇の振動に声帯へのマッサージ効果があります。リップロールで歌えるぐらい練習してみてください。


2.ハミング;高い声の通りをよくする鼻腔共鳴に導きます。

ドミソミドのメロディーでキーを半音ずつ変えて発声練習しましょう。ハミングは口を閉じているので、息が鼻を抜けるしかなく、鼻腔共鳴に導きやすいのです。このときの鼻腔の響きをよく確認してください。


3.んなえいあんなおうあ;通常の発声にハミングの響を持ち込みます。

つまり「ん」の発音をきっかけにしてハミングの鼻腔の響きを持ち込んだ母音の発声練習をしているわけです。単音でキーを半音ずつ上げて行います。


4.ままま;これもハミングの響きを持ち込みます。

ドレミファソファミレドのメロディーで「(ん)まままままままままー♪」と歌います。半音ずつキーを上げて限界まで発声練習しましょう。「みむめも」のそれぞれの発音でも行います。


5.(ん)まははははははははー♪;裏声と喉を開くトレーニングになります。

「ま」の発音を媒介に使い、ハミングの鼻腔の響きを持ち込みながら「は」行の発音で発声練習します。「は」行の発音はインパクトで息が抜けるので喉声になりにくく、裏声の練習にもつながります。これもドレミファソファミレドのメロディーで、半音ずつキーを上げて限界までやっていきましょう。「ひふへほ」のそれぞれの発音でもやっていきます。


6.レガート;総合的なトレーニングになります。

ドレミファソファミレドのメロディーで「(ん)なぁ~ーーーーーーー♪」とロングトーン気味に滑らかに伸ばして歌います。これもキーを半音ずつ上げ限界までやりましょう。「にぬねの」の、それぞれの発音でもやっていきます。


ここまでは比較的クラシック音楽の発声に近いですが、喉に優しいのでウォーミングアップに最適です。さらに喉を開くトレーニングにもなっています。これで十分喉の準備ができます。

ここからが地声のトレーニングです。ドレミファソファミレドのメロディーで「やややややややややー♪」と、今度は普通に地声で声がひっくり返らないように、少し鼻にかけ気味で歌ってみてください。これを半音ずつ全体のキーを上げて歌っていきます。恐らく普段より高い音が地声で出せると思います。さらに、「みゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃー♪」「ねぃねぃねぃねぃねぃねぃねぃねぃねぃー♪」でもやってみてください。

ここまでするのに20~30分はかかると思いますが、時間が無いようならリップロールだけでもやってください。リップロールに慣れて、リップロールだけで1曲歌ってしまうというのもインスタント・ウォーミングアップとしてお勧めです。

アバター

質問した人からのコメント

2016/4/23 14:43:02

沢山の方法を教えていただいてありがとうございます!! ぜひやらせていただきたいと思います!!
ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/4/2216:16:22

この手の質問を ID非公開でする冷やかし屋は

被災地でデマを流す奴らと同じ

役に立たない能書きだけ屋を信じ

死ぬまで 歌が上達しなくても

良いです 。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/4/2207:39:19

できることとできないことがあります。

できること
・ 音程を正しく取る
・ リズムを正しく取る
・ 歌詞の意味を理解する
・ 歌詞と音符の関係を把握する
・ 強弱やテンポを確認する

初心者にできないこと
* 発声そのものの練習
です。

なぜなら、まだ発声の仕方も、その練習の仕方も体得していないからです。その状態で自己流に練習をすれば、発声に悪い癖がついたり、喉を壊したりします。

発声の学習には
1.発声の仕方を体得する
2.その体得したものを練習する技術をつける
3.実際に正しい技術を使って正しく練習し、美しい声をだす

初心者のレベルを超えると、自分でも発声の練習ができるようになりますが、定期的に先生にちゃんとできているかチェックしてもらわなくてはなりません。

それと、音楽をよく聞くようにしてください。
また、楽典もつらつらと眺めておかれるといいでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/4/2118:05:09

ハ~イ ! 。 冷やかし屋さんですね 。

せいぜい 下の役に立たない練習をしてくださいね 。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/4/2115:35:53

①自分の好きなジャンルの音楽を大量に長時間聴く。
②歌いたい歌を完璧に覚える。
③コード楽器を習いつつ、音楽理論を勉強する。
④楽譜を写譜して分析する。
ここまでなら喉をつぶす心配はありませんね。

プロ志望のギター少年がやっているような「修行」をすればいいんです。
①~④は相互に関連しています。
歌も音楽ですから、音楽の理解が深まれば分析力も上がります。
そのためには楽譜と音の出るものは必須です。
ボーカルの人はなぜか「歌だけ特別」と予断を持って飛び込んでしまうので、特殊な発声や原曲の癖だけまねるような練習をしがちです。
それは表面のデコレーションのようなもので、本質的には音楽する力が上がらないと上手くなりません。
音楽関連で今できないことをできるように負荷をかけ続けるのが修行です。

素のメロ譜をきれいにストレートで歌えるようにするのが歌の基本です。
ビブだのフォールだの小手先のテクニックは、考えなくてかまいません。
余裕を持ってストレートメロディが歌えるようになれば勝手に出来ますから、
コードとリズムを捉えつつ歌うには知識と経験が必要で、これらを養うにはある程度は自分で楽器を扱えるようにするのが早道なんです。
ギターやピアノが一足飛びに上達しないように、歌の修行も年単位、真面目にやってもおそらく数年はかかります。
その間のモチベーションは自分で見つけてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/4/2104:35:10

少々勘違いしておられるように思います。

レッスンやスクールは、練習するために行く場所ではありません。
練習方法を教わり、またそれに基づいて自宅で行った自主練習が正しいか、合っているのか、誤解がないのか、を矯正してもらうために行く場所です。

>個人的に、喉を潰すなどの危険がない、自主的にできる練習はありますか?

それをネット上で仕入れることができればレッスンに行く必要はありません。まさに、それを習うためにレッスンに行くのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。