ここから本文です

〔三原じゅん子参議院議員(51)左目のまぶたに強度の痙攣症状(26日情報)〕 (...

ind********さん

2016/4/2716:17:35

〔三原じゅん子参議院議員(51)左目のまぶたに強度の痙攣症状(26日情報)〕
(デイリースポーツ 2016年4月27日)

http://www.daily.co.jp/gossip/illness/2016/04/27/0009028462.shtml
自民党の三原じゅん子参議院議員(51)が26日、
左目のまぶたに強度の痙攣(けいれん)が
生じていることをブログで伝えた。
三原議員はその症状について
「突然、ぎゅーっと閉じようとする。
開かなきゃと思っても、かなり強い力」と説明、
意のままにならず目を閉じてしまうという。
その症状がいつ起こるかは自分でコントロールできず、
「沢山の皆様の前でご挨拶してる時にも構わず起きる。
気になって、言葉に詰まる時があるほど」と
多くの人の前で話す機会が多い議員としては、
かなりの不自由を強いられているようだ。
よくある下まぶたの「ピクピク」とは違う痙攣で、
三原議員は「ストレスかな」と自己診断している。
三原議員は2010年の参議院選挙比例区で初当選、
今年7月に任期満了を迎え、
再選へ向けて神奈川選挙区から出馬する予定。

〔三原じゅん子氏 老眼で転倒「顔面から」〕
(デイリースポーツ 2016年1月5日)
http://www.daily.co.jp/gossip/illness/2016/01/05/0008696575.shtml
元女優で参院議員の三原じゅん子氏(51)が4日、
老眼のため、段差で転んだことを明かした。
顔面からズルッと滑ったそうで、「嫌んなっちゃうよ~」と嘆いた。
女優時代はツッパリキャラで活躍した三原氏。
51歳になり、老眼がかなり進んできたようで、
新年早々、思わぬアクシデントに見舞われた。
4日夜、「こけた!」のタイトルでブログを更新。
「最近は老眼鏡が無いと生活出来ない程、、、見にくい。
そんな事もあって、眼鏡をかけたり外したり」
と老眼が手放せない生活を送っていることを明かし、
「そのせいか、ちょっとした段差が分かりにくいと
思っていたら、
やっぱり、、、こけた!顔面から滑って。(笑)」
と顔からズルッとこけてしまったことを報告。
「あ~(T-T)、嫌んなっちゃうよ~。」とぼやいた。
ブログにはこけた後の写真などは掲載されておらず、
ファンからは「顔面から?大丈夫ですか?心配です」
「お疲れだったんですね」など、
心配する声が寄せられていた。

***

〔女優・柴田理恵(57)約2年前に
「白内障」初診断以降悪化⇒2016年2月に手術〕
(デイリースポーツ 2016年4月14日)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015817391...
でも触れた通り、

「環境要因」としての
放射線被ばくに起因する眼疾患一般をまとめたように
~参考~
【 チェルノブイリ~被爆後12年後と14年後、
原発労働者の25%に放射線白内障 】

チェルノブイリ方面の眼疾患は
「先天的眼球疾患」も含め凄まじいようです。

「水晶体の濁り」⇒「白内障」
「網膜病理」
「硝子体変性・屈折異常」
「早発退行性及びジストロフィー性の眼変性」
「眼血管疾病」
「年齢依存筋変質(AMD)の様な脈絡網膜変性」
「慢性結膜炎」
「硝子体破壊」
「新網脈絡膜症」
「多重微小動脈瘤を伴う網膜血管の変性、散大、
黄班周辺の静脈嚢」
「中心部網脈絡膜劣化」

と、
「水晶体の濁り」⇒「白内障」
を筆頭に、非常に眼疾患が多岐に及び、
更に、当方のIDの知恵ノートでも
まとめてあるように、
比較的著名人の間においてすら、

特に1F事故以降、
中高年層以上に限らず、
30代以下の若年層においても
「白内障」も含む様々な眼疾患
(急速な視力低下等重度の視力障害も含む)
が激増している
[⇒近年、東北&関東においても、
特に未成年者の急速な視力低下等重度の視力障害
の急増が一般報道によって報告された。]

ことからも、
更には、他の感覚器官(特に重篤な耳疾患)
も含む、年齢層問わず、様々な老人性疾患が
多発している現況から、

***

「第2章第4節 チェルノブイリ大惨事の影響で加速する老化 」
「老化の加速化は、電離放射線による被曝がもたらす、
よく知られた影響の一つである。
この現象は、チェルノブイリ由来の放射性核種に
汚染されたすべての人びとにおいて、
程度の差こそあれ、はっきりと見てとれる。」

「チェルノブイリ大惨事によってもたらされた
放射線による老化の影響は、既に数十万人に及んでいる。
そして将来も、
この問題は数百万人の人々に関わってくるだろう。」

***

被曝疾患の総合的方向性の
「急速な加齢化現象」(老化の加速化)が
急速に進行している側面も
十分考えられるのでは?

PS

特に、福島・東部に関しては、
〔いわき市・島田医師
「失明いっぱいいますよ。両目失明とかいますよ。」〕
(フジ 2014年3月7日)
でも記載したように、
1F事故後、眼疾患が急速に悪化し、
失明するケースも水面下で激増している模様。
[⇒多発傾向の糖尿病波及疾患としての側面も]

補足A・ヤブロコフ博士「チェルノブイリの教訓」
http://www.eizoudocument.com/0645yablokovtxt.html

ガン発生率は、汚染が高くなるにしたがい明確に高くなります。

5年あるいは数年すると、
ここ日本においても同様のことが起こります。

様々な疾患・障害が
チェルノブイリの放射線被曝により起こりました。
これは福島の放射線被曝でも起こりうることです。

・血液・循環器系の疾患
・内分泌系の疾患
・免疫系疾患
・呼吸器系疾患
・泌尿生殖路と生殖障害
・骨格系、骨減少症や骨粗しょう症

・中枢神経系の障害(前頭・側頭・後頭・頭頂葉の変化)

・白内障だけでなく硝子体破壊など様々な眼球の異常★★★
・消化管の疾患

視神経や周辺眼球血流上の
「多重微小動脈瘤を伴う網膜血管の変性、散大、
黄班周辺の静脈嚢」等の何らかの異変も考えるとしても、
とりわけ、「水晶体」は非常に繊細な組織で、
「環境要因」としての残留放射能、とりわけ
凄まじい透過力を有する
特にγによる外部被ばくの影響を
もろに受けやすいと言えるのではないでしょうか?
特に、感覚器官に対する被ばく影響の中でも、
とりわけ眼疾患がチェルノブイリ方面でも
際立っていた理由も、そこにあるのでは?

三原じゅん子,チェルノブイリ,デイリースポーツ,白内障,三原じゅん子参議院議員,子宮頸がんワクチン,三原順子

閲覧数:
2,066
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sgt********さん

2016/4/2918:12:48

いわき市民です。

>>〔いわき市・島田医師
「失明いっぱいいますよ。両目失明とかいますよ。」〕
(フジ 2014年3月7日)

以前、この内容をテレビで観ましたが、
震災の影響や医師不足で診察など受けにくくなり
患者本人も気づかないうちに眼病が悪化して失明などが増えた
という内容だったと思います。

内容の一部だけを抜粋してあなたの都合よく書くのはやめてください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2016/4/2914:17:21

三原じゅん子は子宮頸がんワクチンを推進した張本人なので、被害者の呪いを受けたんだよ!

was********さん

2016/4/2808:59:20

結局、、三原順子とは何の関係もない話ジャン
あほらしい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる