ここから本文です

【問題】主たる事務所を甲県に設けて国土交通大臣免許を受けている宅地建物取引業...

flower2016flowerさん

2016/4/2919:35:14

【問題】主たる事務所を甲県に設けて国土交通大臣免許を受けている宅地建物取引業者A社に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1.A社が解散を命

ずる裁判により解散した場合、A社の免許は当該解散の時から、その効力を失う。

2.A社が合併により消滅した場合、A社を代表する役員であった者が、合併による消滅が、あった日から30日以内に、その旨を甲県知事を経由して国土交通大臣に届け出なければならない。

3.A社の取締役の氏名について変更があった場合、A社は、30日以内に、その旨を甲県知事を経由して国土交通大臣に届け出なければならない。

4.新たにA社の取締役になったBについて、3年前に不正の手段により免許を受けたことを理由にその免許を取り消されていたことが判明した場合、国土交通大臣は、A社の免許を取り消さなければならない。

是非、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

閲覧数:
32
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

srkoko411さん

2016/4/2923:31:34

誤りの選択肢は「1」です。

1.A社が解散を命ずる裁判により解散した場合、A社の免許は当該解散の時から、その効力を失う。
→×
A社の免許が失効するのは、「当該解散の時」ではなく、「届出の時」です。


他の選択肢は、いずれも正しい内容です。

質問した人からのコメント

2016/4/29 23:42:59

詳しく教えて頂き有難う御座います。
これからも宜しくお願い致します。

「国土交通大臣」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。